不用品回収をする業者の選び方は?無料見積もりとかは可能なのか?その疑問に現役鑑定士が教えます(^^♪

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

 

不用品回収をする業者の選び方は?

 

無料見積もりとかは可能なのか?

 

と言う事で、

その疑問に現役鑑定士が教えていきます(^^♪

 

皆さんは、

業者の選び方

無料見積もり

に関しての事に凄く気になったりしますよね。

 

このサービスに、

凄く興味があるけど、

 

どの業者に頼んだらいいのか?

 

無料見積もりはしてくれるのか?

 

と考える事があるはずです!

 

そこで、

今回は、

不用品回収をする業者の選び方は?無料見積もりとかは可能なのか?その疑問に現役鑑定士が教えますのでぜひ参考にしてみてください(^^♪

 

1.無料見積もりは可能である!

 

実は、

この業界では、

無料見積もりは当たり前にしないといけないサービスとなっています!

 

むしろ、

見積もりが有料ならば、

どれだけいい高級な業者なんだよ!

と言いたいぐらい無料見積もりは浸透しています(^^♪

 

ですので、

無料見積もりは、

可能ですので遠慮なしにお問い合わせください(^^♪

 

2.実は、意外にも頼まなくても簡単にその場で見積もれる!

 

実は、

不用品回収業者の、

基本料金はトラック換算で決まっています!

 

トラック換算?

 

不用品回収業者は、

一般廃棄物処理許可書を持っていないので、代行処分をする目的での回収は違法になるので

出来ません(>_<)

 

なので、

許可を持たずにしている

不用品回収業者は、

回収して代行処分をするのではなく、

所定の位置から物を搬出して回収する目的で回収しているのです!

 

ですので、

処分費ではなく、

搬出費としての区分になります!

 

ですが、許可を取らない業者はどうなのか?

 

確かに、

許可を持たない業者が、

処分費を徴収して代行処分を行う事は違法になります!

 

ですが、

搬出をして回収する事は、

搬出費を徴収する事が出来る手間賃の請求になるので違法ではないのです!

 

これが、

一般に言う便利屋業のはじまりとなった事です!

 

許可がないだけで何か変わる違いがあるのか?

 

専門的な違いで言いますと、

許可を持つ回収業者は、

許可を得た地区でしか営業は出来ない決まりとなっています!

 

これは、

市町村に設けられている

クリーンセンターの出張回収の委託業者になるので許可を得た地区以外での営業は出来ないのです!

 

クリーンセンターは、

皆さんご存知の通り、

不用品を処分するのに利用する場所ですよね。

 

値段も安く利用が出来るので、

回収業者に頼むよりかは自らで持ち込む方が断然安く済みます!

 

ですが、

大量

大型

などの手間がかかる上に、

自らでは処分が出来ない場合は、

この一般廃棄物処理許可を得ている業者に依頼すれば、処分費+手間賃+その他雑費などの請求金額を支払う事で代行処分をしてくれます!

 

ですが、

許可を持たない業者は、

委託業者でないので、

エリアを広げて営業する事が出来ます!

 

おまけに、

許可がない分、

クリーンセンターで

処分する必要もないので、

格安で処分が出来る業者と取引が出来るフリーサイクルが可能なのです!

 

 

そして、

 

さらに大きく違ってくるのが、

基本料金となります!

 

許可を持つ業者の基本料金は、

回収物の各処分費の合計が基本料金となるので事前見積もりをしてからの答えになり内容を明確にしない限りわかりません!

 

それに対しての、

手間賃

雑費

になると言う事になります!

 

ですが、

一方で、

許可を持たない業者は、

回収物を搬出する名目になるので、

処分費を基本料金には出来ません!

 

なので、

トラック換算!と言い、

回収物に合わして適したトラックでの詰め放題金額になります!

 

ですので、

基本料金は、

回収物の量に対して

使用するトラック1車に対しての設定価格が基本料金となるのです(^^♪

 

なので、

内容見ての各処分費を基本料金にする形よりも最初から決まっている上に値段も安く済む可能性が高いのです!

 

大体、トラックの値段とはどれくらい?

 

平均的な値段で言うと、

軽トラ1車=2万~3万円(作業員1人)

1トン=4万~5万(作業員2人)

2トン=6万~7万(作業員2人)

平均基本料金相場になっております!

 

この基本料金に対して、

マンションの場合は、

3階以上から追加料金

作業員の追加料金

駐車料金

などのオプションもかかる場合があります!

 

ですが、

戸建ての方なら、

基本料金で収まりやすく、

かかっても2往復以降の追加料金ぐらいですので戸建てもしくはマンションの2階が住居になっている人はお得なのです!

 

また、

洗濯機

冷蔵庫

テレビ

不用の区域に入った物は、

別途で請求される場合もあります!

 

その他に関しては、

医療廃棄物

有害廃棄物

液体

洗剤

などが無ければ問題なく回収ができます!

 

なので、

回収してほしい不用品の量を見れば、大体どのくらいのトラックで行けるか?と推測がしやすいので事前見積もりを取らなくてもわかってしまうのです!

 

ですが、

多少の違いが、

どうしても細かい部分であるので、

業者に電話で聞いてみる事もして、

大体のトラック量

現場状況

回収物の内容

などを伝えれば正式な値段がわかります!

 

なので、

参考に推測して、

業者に聞いてみる事が先決かもしれません!

 

3.見積もりを頼むなら一番近い業者に頼む方がイイ!

 

不用品回収を頼む場合は、

家から一番に近い業者に頼む事をおすすめします!

 

これには、

理由があります!

 

それが、

サービスが出来る幅になります!

 

実は、

不用品回収業者の基本料金は、

先ほど言った様にトラック換算になります!

 

このトラック換算は、

不用品の量に対して、

1回で詰めるトラックの詰め放題で決まる料金になるので、

3階以上から追加料金

作業員の追加料金

駐車料金

冷蔵庫別途

洗濯機別途

テレビ別途

などのオプション料金以外に請求出来る金額はないのです!

 

まれに、

あまりにも遠い場所なら、

交通費の請求などもする事があります。

 

ですが、

交通費は込みでやっているので、

家から遠い場所の業者は、

融通の利き幅が狭くなります(>_<)

 

 

ですが、

家から近い業者なら

事前見積もりの段階で出来るサービスの幅もハッキリしてくれる上に、

作業員の追加料金

駐車料金

冷蔵庫別途

洗濯機別途

テレビ別途

などの勉強はしやすくなるので、

家から近い分ながらに出来る特権を生かす手はありません!

 

ですので、

家から一番近い業者を頼みましょう(^^)/

 

ちなみに、

探し方は、

不用品回収を無料でするリサイクルショップはあるのか?その疑問に現役鑑定士が答えます(^^♪

この記事の中の、

小見出し2の料金を払っての代行処分なら可能!の中のだけど、そのビジネスをやっている業者を探すには?の部分を参考にして探してみてください(^^♪

 

4.他にも、2回に分けて頼む事もイイ方法である!

 

 

 

2回に分けると、金額も跳ね上がるから高くつくじゃないか?

 

ですが、

これには方法があります!

 

その方法は、

くらしのマーケット

グルーポン

のサイト内で不用品回収をしている業者に依頼する事です!

 

 

このサイト内と提携する業者は、

軽トラパックでの低価格帯での回収がほとんどになります。

 

ですが、

基本料金は、

普通よりも安くなります!

 

なぜ、安くなるの?

 

それが、

他社との競合

回収品の制限

オプションの増設

などの事で低価格を可能にしています!

 

その事で、

直接依頼するよりかは、

受けられる内容が変わりますが、

値段も安い上に少しでも量が減らせるメリットがあります!

 

そして、

次に頼む上での、

審査

交渉

などが出来るので、

次に頼む場合の有図が全く違ってくるのです!

 

ですので、

こう言った変形技もありますので、

ぜひ参考にしてみてください(^^♪

 

5.まとめとおさらい。

 

今回は、

 

不用品回収をする業者の選び方は?

 

無料見積もりとかは可能なのか?

と言う事で、用品回収をする業者の選び方は?無料見積もりとかは可能なのか?その疑問に現役鑑定士が教えてきました(^^♪

 

おさらいとして、

1.無料見積もりは可能である!

2.実は、意外にも見積もりしなくても簡単にその場で見積もれる!

3.見積もりを頼むなら一番近い業者に頼む方がイイ!

4.他にも、2回に分けて頼む事もイイ方法である!

 

など事を小見出しにして、書いてきました(^^♪

 

ぜひ、

参考にして損が無いようにお得と思える不用品回収を依頼してみてはいかがでしょうか(^^♪

 

では、

本日も、

読んで頂きありがとうございました(^^♪

 


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!