切手の買取の相場となる価格を握るのは金券ショップである!バラ/シート全てが買取店より凄い実態を暴露します!

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

切手の買取の相場となる価格を握るのは金券ショップである!

 

バラ/シート全てが、

買取店より凄い実態を暴露します!

 

と言う事を書いていきます(^^♪

 

皆さんの中で、

切手を売りたいと思えば、

買取店

金券ショップ

の2つがありますよね。

 

実際に、

切手を買取を行ってくれる所は、この2つしかありません!

 

買取店は、

金券ショップに比べて、

リサイクルショップも含めて、

どこでもありますよね(^^♪

 

金券ショップは、

電車の切符も扱う事から、

各最寄りの駅のそばにある事が多いですよね(^^♪

 

この事で、

切手を売りたいと思えば、

この2つのうちどちらで売ればいいのか?と疑問に思いますよね^^;

 

実は、

 

本当に売って得するのは、

金券ショップになります!

 

しかも、

 

その理由は、

金券ショップが切手の相場の価格を握っているからです!

 

となれば、

 

切手の買取で、

高く買取をしてくれるのは、

金券ショップになるのですΣ(゚Д゚)

 

そこで、

今回は、

なぜ?買取店よりも金券ショップが高いのか?と言う理由を含めた上で、

 

バラ/シート全ての、

相場を金券ショップが握っている実態を暴露します!

 


スポンサーリンク



 

1.実は、買取店の大半は金券ショップと取引している!

 

えっΣ(゚Д゚)

 

買取店が金券ショップ!

売っているΣ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)

 

はい!

 

金券ショップと取引しています!

 

実は、

金券ショップの、

切手の買取利率から、

得られる利益分の平均は1割弱です!

 

つまり、

ギリギリまで買取をしていると言う事になります!

 

この金券ショップが、

一割弱の利益を生み出す仕組みは、

店頭販売しかない事が大きく関係しています!

 

切手とは、

1枚単価自体が安価な額面が多いですよね。

 

これで、

営業して売り上げを上げて、

コンスタントな利益を出そうとなれば、

大量の切手を仕入れないといけません。

 

なので、

買取利率をギリギリしないと、

より大量の切手が集まらないのが切手になるのです!

 

一方、

 

買取店は、

不要品買取専門になります!

 

その取り扱う、

不要品の中の一部が切手になる為に、

切手を買取しても専門ではないので、

店頭で販売する事がしにくいのです!

 

また、

買取店は、

幅広い不要品を買取るので、

切手に限ったお客様を取り込めない事情もある事も関係します!

 

おまけに、

ほとんどの買取店は、

買取が専門ばかりで販売はしていない所が多いですよね^^;

 

この事で、

切手のはけ口がなくなり、

金券ショップにしか頼る場所がないのです!

 

つまり、

横流しをして利益を出すのが

買取店だと言う事になります!

 

2.そもそも切手は一語一句の販売商品である!

 

切手とは、

一語一句(業界用語)の商品であり、

利益が出せない商品になります!

 

一語一句とは、

どこで買っても一緒の値段であり、

値段の変動が全くない商品の事言います!

 

切手には、

額面がありますよね(^^♪

 

例えば、

82円切手が欲しくなり、

コンビニ

郵便局

に行っても値段は一緒ですよね。

 

切手の様な、

現金との交換する形での商品は、

利益を乗せて売る事は禁止なっています。

 

他にも、

商品券

テレカ

プリペイドカード

などもこの部類に入ります!

 

概念は、

金額が定められた券と言う商品

この決まりになります!

 

ちなみに、

現金は、銀行券

テレカは、通信券

プリペイドカードは、買い物券

などの大きな区切りで解釈しています!

 

この決まりは、

金券ショップの様な業者でも

守らないといけませんが、

少し変わってきます!

 

一度買われた商品である

未使用券を取り扱う金券ショップは、

同額で再販売も出来ます!

 

ややこしい説明になりますが、

 

元々の販売元が売り出す形は、

○○円分の同額使用が出来る券です!

と言う現金と交換する形に対して、

 

金券ショップは、

○○円分の使用が出来る券です!と言う

使用可能額に対しての価値を

現金買う形となります!

 

この考えから、

一語一句商品の概念が外れ、

上乗せ販売の言い方が変わり、

付加価値をつける形で販売が可能になり同額の販売をしても大丈夫なようになります!

 

ですが、

 

誰が買うねん!

 

となりますよね^^;

 

昔の、

切手マニアではない上に、

 

現行の物が、

どの店も同額なのに、

付加価値なんかつくはずもないでよね^^;

 

しかも、

金券ショップの魅力は、

本来の値段より安く買えるのが魅力です!

 

おまけに、

少しでも安い所があるなら安い所にも行きますよね(^^♪

 

でも、

どこの金券ショップ自体も同じ値段ですよね^^;

 

この事で、

利益が1割弱な観点から、

得られる利益も決まっている!

どこの金券ショップも同じ販売値!

となってしまうのです!

 

ですので、

金券ショップも一語一句になってしまうのです(^^♪

 

 

券と価値との違いで、

販売の形は変わりますが、

 

価値の点で、

 

金券ショップも、

一語一句

買取金額も限界値

と言う事になりますので、

金券ショップに売るのが高い言う事になります(^^♪

 

3.どこの金券ショップも買取利率は同じである!

 

どこの金券ショップも、

買取利率は同じです!

 

なぜなら、

小見出し1.

小見出し2.

で紹介した様に、

販売の仕方

販売の値

の限界を極めており、

これ以上の事は出来ません(>_<)

 

なので、

 

買取額を、

算出する買取利率も、

全く一緒になってしまうのです!

 

しかも、

金券ショップにはメリットがあります!

 

買取店に、

電話をして、

値段を教えてほしい。と言っても、

金券ショップの値段を知らないお客様からの問い合わせだった場合にも想定してうまく反らす事をするお店もある中で、

 

金券ショップは、

別にどこも一緒な上に、

争う理由が無いので普通に教えてくれます(^^♪

 

ですので、

気になる方は、

最寄りの金券ショップに聞く事をオススメします(^^♪

 

4.まとめ。

 

今回は、

切手の買取の相場となる価格を握るのは金券ショップである!と言う事で、バラ/シート全てが買取店より凄い実態を暴露してきました!

 

おさらいとして、

1.実は、買取店の大半は金券ショップと取引している!

2.そもそも切手は一語一句の販売商品である!

3.どこの金券ショップも買取利率は同じである!

などの事を小見出しにして暴露してきました(^^♪

 

本日の記事は、

 

金券ショップが、

いかに高いかを理解できた記事になったと思います(^^♪

 

まぁ、そこまで、

難しく感じずに、

金券ショップは、高いのだ!

と思えばイイと思います(^^♪

 

なぜなら、

額面が見えている上に、

推測もしやすく気持ちもわかりますよね(^^♪

 

これこそ、

明朗会計だと思いますので、

ぜひ、切手は金券ショップで

お売りください(^^♪

 

では、

本日も、

読んで頂きありがとうございました(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!