業者の査定額を決める金・プラチナ買取の相場価格サイトの落とし穴とは?参考にしかならない理由を教えます!

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

業者の査定額を決める金・プラチナ買取の相場価格サイトの落とし穴とは?参考にしかならない理由を教えます!と言う事で書いていきます!

 

本日も、

ご質問を頂いているので、

ご紹介していきたいと思います(^^♪

 

質問内容:

こんにちは。私は母の遺品で貴金属があったので近くの買取店に売りに行きました。売りに行く前に、電話など大体の値段を聞いて行ったのですが聞いていた相場通りの計算ではなく、思ってた以上に安くガッカリしました。そんな時にモノプラさんのサイトを見つけて読んでいたらもっと早く見つけていたらと後悔する事ばかりでとても悲しくなりました。後の祭りで悔いを抱いても仕方ない事ばかりのですが、金の相場などは全くあてにはならいのでしょうか?

 

と言う内容のご質問を頂きました!

 

確かに、

現代の相場は、

一般の方でもネットで見れる時代になっている中で、電話で直接聞いたりして自宅である程度予想して買取店に持って行く事がありますよね^^;

 

ですが、

相場通りではない!

と言った事は多くある悩みかもしれませんね!

 

実は、

これには、

ある理由が関係しています!

 

その理由に該当された方は、

感じ方によっては相場通りではないじゃないか!と思う事があるかもしれません!

 

ですので、

今回は、

金・プラチナ買取の相場価格サイトの落とし穴とは?と言う所をメインにあくまでも参考にしかならない理由を教えていきます!

 


スポンサーリンク



 

1.業者の売却値段であるから!

 

ネットで拝見が出来る、

その日の相場価格サイトは、

 

このサイトでも、

以前に書いていた通りに、

業者専用などの業者が売却する値段であるからです!

 

このサイトを公表している企業は、

買取店向けに公表されたサイトである事が多くあり、

 

一般の方でも、

取り引きしようとなると、

会社の登記書

古物の許可書

がないと取引は出来ません!

 

また、

電話で聞いても、

 

その日の相場しか、

言わない買取店が多く、

買取金としての値段で言う所が少ないのです!

 

なので、

相場通りにならない場合があります!

 

なので、

相場とは、

あくまでも業者の売却値が前提で、

なっている事があると思っていてください!

 

2.消費税や経費の分を引かないといけないから!

 

基本的に、

現代の買取店は、

 

買取の際に、

相場の値段から、

消費税

経費

を引いた金額を提示する事が当たり前になっています!

 

これは、

消費税の増税が影響して、

多少の利益では賄いきれない状況となったからです!

 

そして、

今までの多少の利益でも、

消費税の増税が影響して、

別で確保しないといけなくなったことで、

消費税

経費

を引いた額を提示するようになったのです!

 

この事で、

相場から推測した値段通りに、

ならない事が多く出てきてしまったのです!

 

3.少量だとその金額を参考に出来ない事が多い!

 

小見出し2.の続きになりますが、

 

消費税

経費

を考えると、

相場から推測した値段通りに、

ならない事が多く出てきてしまいます!

 

その中で、

少量の貴金属になれば、

引ける利益がない上に、

消費税で終わってしまう可能性が出てきます(>_<)

 

この事で、

相場を無視した金額になりやい可能性があるのです!

 

では、少量とはどれぐらいなのか?

 

感覚的な答えになりますが、

業者の売却値が約1万円以下になるかどうかのラインだと思います!

 

gで言えば、

4g~3gぐらいになります!

 

大体、

業者の売却値が、

1万円になれば、

消費税が1000円となり、

9000円が実質的な売り上げになります!

 

ココから、

2000円を引いて、

7000円の金額をお客様に提示すれば、

大体の相場で予想がつく買取額になるのでイイのですが、

 

それ以下の量になると、

利益ない

消費税がしんどい

などの事で、

どうしても相場で出来る予想金額通りに出来なくなるのです!

 

ですので、

相場を見た時に、

業者の売却値が、

1万円になる量なら希望金額を立てても問題がないと言う事です!

 

4.刻印や比重や重さによっては思い通りに買取が出来ない事があるから!

 

以前に、

刻印に関しての記事を書きました。

貴金属の刻印はどんな表記なのかを一覧にして現役鑑定士が教えます!

 

この記事の中で出てきた、

 

金の刻印である、

金純(中国製の純金)

18Kなどの後K(海外製)

 

プラチナの刻印である

Pm(ランク不明のプラチナ)

 

これに、

よくある事などですが、

 

この刻印をされた貴金属は、

偽物である事があります!

 

大半は、

貴金属ですが、

偽物で出やすい貴金属の刻印が、

これらになるのです!

 

ですが、

全く貴金属ではない!

と言う事でもなく、

 

多くあるのが、

刻印されているランクが、

それ以下のランクであった場合が多いです!

 

例えば、

18K刻印の金が、

比重を計ってみれば、

14金だった!と言う事あるぐらいです!

 

この事で、

ランクの相場が下がり、

買取金が大きく変わる事があるのです!

 

また、

重さでも、

変わる事があります!

 

買取店は、

貴金属をグラム買いするので、

計りで使うグラム計は精密グラム計を使用しています!

 

ですが、

ご家庭のグラム計は、

 

ある程度の重さを、

計るぐらいでしかなく、

9.6gの重さでも10g表記にしたりします。

 

この事で、

誤差が生じたりして、

予想していた金額とは違う事があるのです!

 

5.まとめおさらい。

 

今回は、

金・プラチナ買取の相場価格サイトの落とし穴とは?と言う所をメインにあくまでも参考にしかならない理由を教えていきます!

 

おさらいとして、

1.業者の売却値段であるから!

2.消費税や経費の分を引かないといけないから!

3.少量だとその金額を参考に出来ない事が多い!

4.刻印や比重によっては思い通りに買取が出来ない事があるから!

などを小見出にして書いていきました(^^♪

 

この事により、

相場とは参考でしかならない事がわかりましたよね!

 

その理由が、

今回ご紹介した内容である落とし穴の部分になります!

 

ですが、

この落とし穴に、

ならない方もいますので、

なんとも言えないのが現状です!

 

もし、

思っていた金額と違う場合があれば、

今回の記事の事に該当している可能性が高いと言う事です!

 

では、

本日も、

読んで頂きありがとうございました(^^♪

 


スポンサーリンク