貴金属の刻印はどんな表記なのかを一覧にして現役鑑定士が教えます!

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

貴金属の刻印はどんな表記なのかを一覧にして現役鑑定士が教えていきます!

 

本日も、

ご質問を頂いていますので、

ご紹介していきます(^^♪

 

質問内容:

こんにちは。貴金属についての記事をいつも読ませて頂いています。実は、刻印の様な物が打たれたアクセサリー類がたくさんあるのですがイマイチ色んな刻印ありすぎてどれがなんの素材なのかがわからないので教えて頂けませんでしょうか?

 

と言う内容のご質問を頂きました(^^♪

 

確かに、

貴金属の判断は、

刻印が一番の判断基準になるので、

貴金属の刻印を知っていなければ、

いくら貴金属があってもよくわからないですよね。

 

そこで、

今回は、

今からでも、

家にあるアクセサリー類で、

貴金属の物が簡単にわかるように、

貴金属の刻印をご紹介していきたいと思います(^^♪

 


スポンサーリンク



 

1.K刻印・KW刻印・3桁刻印・金純刻印は金の刻印である!

 

金の刻印には、

K刻印

後K刻印

KW刻印

3桁数字刻印

金純刻印

などの種類があります!

 

主に、

これらは、

金のランクを表す為

金である証拠の為

と言った事で刻印がされています!

 

では、

1つずつ説明していきます!

 

K刻印とは?後K刻印とは?

 

主な、

金に多い刻印で、

K24 (意味:24金・純金)

K23 (意味:23金)

K22 (意味:22金)

K21 (意味:21金)

K20 (意味:20金)

K18 (意味:18金)

K14 (意味:14金)

etc…….などのK刻印があります!

 

これは、

現在の日本製に多い、

刻印スタイルになります!

 

これとは、

また別に、

Kの位置が尾に来るスタイルの後K刻印もあります。(例:24Kや18K、etc…)

 

この、

後K刻印は、

現在の海外製に多い刻印となります!

 

どちらも、

刻印の仕方が違うだけで、

ランクは同じであります!

 

KW刻印とは?

 

KW刻印とは、

ホワイトゴールドの略で、

銀色をした金である刻印であります!

 

主に、

KW(ランク不明)

KW18

KW14

KW10

と言った刻印スタイルで打たれています。

 

また、

ホワイトゴールドは、

金をパラジウムで割った物であり、

純金ではなくなりますので、

KW(ランク不明)

KW18

KW14

KW10

の刻印しか存在しないので、

簡単に覚えやすくなっています!

 

3桁数字刻印とは?金純刻印とは?

 

3桁刻印とは、

99.9刻印(純金・K24)

750刻印(18金)

54.5刻印(14金)

etc…..

などの金の含有率を打たれた刻印になります!

 

例えば、

99.9は、純金になるので、

99.9%は金ですよ!と言う事を意味した刻印と言う事になります!

 

750なら、

18金と言う意味であり、

75%が金である事を証明した金になります!

 

つまり、

金の比率を表した刻印がこの刻印だと言う事です!

 

その次の、

金純は、

中国製の純金を表した刻印になります!

 

これは、

これしかないので補足感覚で覚えておきましょう(^^♪

 

2.Pt刻印・Pm刻印はプラチナの刻印である!

 

プラチナの刻印は、

Pt1000(純プラチナ)

Pt950(プラチナ95%)

Pt900(プラチナ90%)

Pt850(プラチナ85%)

Pt800(プラチナ80%)

etc….

などのプラチナの含有率

刻印したスタイルがプラチナの刻印になります!

 

他にも、

Pm表記の刻印があります!

 

これは、

ランク不明のプラチナ刻印になります!

 

主に、

昔のプラチナ製品に多い刻印になり、

最近の物はありませんので、

お目にかかる事は少ないかと思います!

 

3.SV刻印・silver刻印・銀製刻印は銀の刻印である!

 

銀の刻印は、

SV1000(純銀)

SV925(銀が92.5%)

の2つが主な多い刻印になります!

 

その他は、

silver1000

silver925

もありますが少ないです!

 

他にも、

純銀刻印

銀製刻印

も存在します!

 

純銀刻印は、

昔の刻印に多くあった物であるので、

あまり見る事は少ないです!

 

銀製刻印は、

ランクが不明の銀製である刻印になります!

 

ですが、

銀メッキ製品でも、

この刻印を使う事があるので、

銀としての扱いは出来ない事もあります!

 

ちなみに、

銀メッキは価値はありませんので覚えておいてください!

 

4.その他の主な刻印とは?

 

よくあるのが、

NC

PAT

○○GP

○○GF

などの金とプラチナや銀にはない刻印があります!

 

これらは、

主にメッキ品に多い刻印となります!

 

特に、

気をつけて欲しいのが、

K18GP

18KGP

K18GF

18KGF

などのややこしい刻印があります!

 

もちろん!

 

金ではありません!

金メッキ品です!

 

この様に、

NC

PAT

○○GP

○○GF

などがつく刻印は、

全く貴金属ではないメッキ品になるので覚えておきましょう!

 

5.まとめとおさらい。

 

今回は、

貴金属の刻印はどんな表記なのかを一覧にして現役鑑定士が教えていきました!

 

おさらいとして、

1.K刻印・KW刻印・3桁刻印・金純刻印は金の刻印である!

2.Pt刻印・Pm刻印はプラチナの刻印である!

3.SV刻印・silver刻印・銀製刻印は銀の刻印である!

4.その他の主な刻印とは?

と言う事を小見出しにして書いていきました(^^♪

 

貴金属の刻印とは、

あらかじめ決められた刻印しかありません!

 

まれに、

変わった刻印で貴金属もありますが、

一生に数回あるかないかレベルでしか鑑定部でも見ません!

 

ほとんどが、

金なら、

K刻印

後K刻印

3桁刻印

 

プラチナなら、

Pt刻印

たまにPm刻印

 

銀なら、

SV1000(純銀)

SV925(銀が92.5%)

 

などの刻印がほとんどです!

 

ですので、

今から、

家にあるアクセサリー類を、

本記事と合わしながら見てみてください(^^♪

 

では、

本日も、

読んで頂きありがとうございました(^^♪

 


スポンサーリンク