【モノプラ鑑定部】エアコンの買取で査定額より気をつけないといけない事を現役鑑定士が教えます(^^♪

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

 

不要になったエアコンの

買取がテーマになります!

 

基本的に、

エアコンは製造から10年設計で

製造されている物になっています!

 

その為に、

買取店も中古エアコンの買取では、

メーカーにもよりますが、

製造から8年以内の物までしか

買取しないのが平均的な主流に

なっております!

 

ですが、

 

いざ、

買取をしてもらうとなると、

意外な落とし穴が潜んでおり、

損したと思う事があります!

 

今回は、

 

そういった失敗をする前に、

しっておくべき事を

教えて行きます(^^♪


スポンサーリンク



1.エアコンは取り外した状態でないと買取は出来ない!

 

エアコンの買取で、

ついたままでも査定は出来ます!

 

ですが、

 

買取になると

取り外さないといけません。

 

もちろん!

 

簡単に外せる物では無いので、

素人が外せる事は出来ません(>_<)

 

取り外しになると、

業者を呼ばないといけませんが、

まれに、買取店やリサイクル店で

取り外せる人間もいます。

 

ですが、

 

取り外せない場合は、

買取金額が出ても買取が

出来ないので買取を

してもらいたいなら先に外さないと

いけませんのでご注意ください(>_<)

 

2.取り外しには、工事費がかかる!

 

エアコンを取り外す事は、

工事になります!

 

ですので、

 

取り外し工事費がかかります!

 

ちなみに、

 

金額は、

設置場所設置エアコンによって

金額は異なりますが、

5000円~15000円の間になります!

 

高いと思いますよね?

 

でも、

 

比較的に、

2005年~現在までのエアコンなら

8000円辺りが平均的であり、

後は、設置場所で値段が

上下する程度です!

 

ですが、

 

昔の古すぎるエアコンは、

取り付けの仕方が違う事があるので

最初から、工事にかかる手間が多い分

かかる費用も最初から高いのです!

 

最近の工事費の算出は、

取り付けも取り外しも

最近のエアコンが多い時代と

なっており量販店も電気屋さんも、

最初から一律した値段で

決めています。

 

そのかわり、

決めている値段も高く、

平均が15000円前後と

なっています。

 

でも、

 

どれだけ古くても、

面倒な設置条件でも

上下する事はないので

安心と考えればそうなりますが、

基本的には、工事費は工事だけあって

高い物だと言う事になります(>_<)

 

エアコンを買えば、

代金と別途でかかる取り付け工事費も

ついてくるのが主流になってます。

 

その時にまた、

買い替えるエアコンも

取り外しての工事になる為にさらに

工事費がかかる場合があります。

 

この時ぐらいは、

電気屋さんも取り外し工事費は

多少、勉強してくれたりもしますが、

後から考えれば本当に良かったと思う

サービスがあります。

 

それが、

 

取り外しエアコンの

無料引き取りです!

 

エアコンは、

家電リサイクル法

定められている通りに

決められた処分を

しないといけません。

 

リサイクル券を購入して、

それを貼って所定の場所に

持って行かないといけないのが

基本となります!

 

まれに、

買取店もリサイクルショップでも

取り外し工事が出来る所も一緒です!

 

特に、

電気屋関係でも無い

買取店やリサイクルショップは、

買取りが出来るエアコンでも

取り外しとなれば工事費を

頂かないといけません。

 

なぜなら、

 

本来は買取をする事が仕事なのに、

業務中に出てしまうイレギュラーな

仕事はお客様都合による事ですので

工事費を貰うのは当然の事です!

 

仮に、

買取店が取り外し工事が出来ると

思う事が間違いである上に、

あきらかな畑違いの仕事になります。

 

ですので、

 

買取が決まったエアコンが

ついている場合は絶対に

工事費がかかります!

 

ちなみに、

工事費は電気屋さんなどの

専門よりかは格安で、

5000円~8000円幅が平均的に

なっています。

 

これは、

エアコンを買取って得られる利益を

考えての算出である事が多く、

電気屋さんに頼んでまで取り外して

貰う手間を省く上でのサービスに

なっています!

 

ですが、

 

エアコンが5000円の買取だとすれば

取り外し工事費が8000円になると、

-3000円をお客様負担になる場合も

ありますので考えないといけません。

 

こういった場合は、

エアコンを買った上での

入れ替えじゃ無い限り、

処分費を払うつもりで

考えれば非常に安い金額の負担だと

思いますので、いらない物なら

ケチらないで払う事がイイです!

 

なぜなら、

 

あなた自身が出来ない事を

出来る人間に頼まないと出来ないの

だからお金を払うのは当たり前

だからです!

 

ちなみに、

 

電気屋さんは、

エアコンを購入して取り付け工事費と

取り外し工事費を払ってくれる

代わりに、処分費は負担して

無料で引き取ってくれるサービスを

している所が最近は多いので、

非常に優れています(^^♪

 

ただ、

エアコンを買わないといけません!

 

買取店やリサイクル店で

取り外し工事が出来る所は、

買取金を提示した上で

取り外し工事費の見積もりも

出します。

 

それが、

マイナスになったとしても、

自らで処分する事を思えば、

安く済みます(^^♪

 

また、

このスタイルのメリットは、

もう値段もつかなくて、

エアコンの入れ替えもする事が

無い場合は買取店や

リサイクルショップは

取り外し工事費を払えば、

無料引き取りは行ってくれます(^^♪

 

エアコンは、

銅で出来ているので素材だけでも

2000~3000円にはなる物ですので、

取り外し工事費さえ払えば無料で

引き取りをしてくれますが、

買取はしてくれません(>_<)

 

手間のかかる工事の上に、

手間がかかる搬出になる事で

得られる利益が薄いので、

基本的に値段のつかないエアコンに

素材の値段で買取を行う事は

出来ないのです(>_<)

 

ですので、

 

エアコンの入れ替えで

電気屋さんに引き取ってもらうか

買取店やリサイクル店などで

取り外し工事を行ってもらい

買取金から差し引きした値段で

出たマイナスを負担するか少し得を

するかの判断になってしまうのです!

 

絶対に守って欲しいのが

工事費をタダにしろ!

思う事は大人としての

行動を問われるので

おやめください(>_<)

 

3.無料で取り外しを行う業者は危険!

 

取り外し工事が無料でいけて、

無料で引き取りが出来る業者が、

中にはいます。

 

基本的には、

個人でやられている方や

怪しげな買取店に多い傾向です!

 

そもそも、

工事費を提示しない業者自体が

もはや危険なサインで、

最初から無料でします!

と言う業者はどんな外し方を

するのか怖いです(>_<)

 

エアコンの外し方は、

ちゃんとした手順でしないと

大変な事故や取り返しのつかない事が

起きてしまいます。

 

特に、

無料で引き受ける業者が行った後の

工事後を巡っては後の祭りの様な時に

苦情になりだす事が多く、

配線トラブルや壁の破損などの

トラブルが後を絶ちません。

 

原因は、

間違った取り外し方です!

 

取り外し方には、

ちゃんとした手順で行った上での

工事として作業をしないといけない

のでそれを知らない業者が腕や知識に

自信や確信が無い為に無料で行い、

売れるエアコンを無料で引き取っては

売ってして利益を得る手法になって

いるのです!

 

 

よくあるのが、

買取店でのお問い合わせで、

取り外し工事費を負担をしないと

いけなくなる事を知ると、

無料で外してくれて無料で

引き取ってくれる方を自然と

選ぶようになってしまいます。

 

ですが、

 

それを選んでしまうと、

後の祭り状態になった時に

起こるトラブルが

起きてしまします(>_<)

 

ちなみに、

 

目安で2日~3日以内に

何かあったら速やかに

申告しないと効力はありません。

 

なぜなら、

 

証拠現場の信ぴょう性や

状況証拠の正確性などが

問われる上に保険の効かない事を

選んだお客様の落ち度が

問われるからです(>_<)

 

クーリングオフが1週間とあっても

こういった場合は、正直に言うと、

後の祭りになってから気付く事が

多く言い出した時には遅い事が

あります(>_<)

 

それに、

借家だったら後で請求が来たり、

売り物件なら価値は下げられたりと

色々な事がありますので出来るだけ

無料工事の無料引き取りは

オススメしません(>_<)

 

4.無料回収は実は、違法!

 

実は、

エアコンの無料引き取りは、

グレーな部分があります!

 

特に、

無料引き取りだけの場合。

電気屋以外の人間による処分費と

 手間賃を貰っての代行処分。

電気屋以外の人間の有料回収。

 などの事は、基本的にはグレーです!

 

理由は、

 

売る事が出来るエアコンなら

いいのですが、解体などの貿易に

素材で売る事は家電リサイクル法では

認められていません。

 

法律上は、

リサイクル券を購入して

ちゃんとしたルールに従って

処分をするのが義務になります!

 

電気屋さんでも、

エアコンの購入代金に

取り付け工事費に入れ替えでの

取り外し工事費などの料金を

支払っていただいているから

代わりに処分費だけは電気屋さんが

負担して処分します!

 と言うのが当たり前の中で、

 

電気屋以外の人間が、

無料回収をしてリサイクル品で

売らずに貿易屋に売れば

完全アウトです!

 

ましては、

 

解体して売れる素材だけを

取り出して他の売れない素材は、

適当にほかしてしまえば、

完全に不法投棄のおそれもあるので

安易に無料回収や引き取りも安心は

出来ませんので、警戒してください!

 

5.まとめ。

 

今回は、

エアコンの買取での気をつける事を

説明しました(^^♪

 

本当に、

大変ですよね^^;

 

ですが、

料金を払うだけで全ての事が

安心が出来ます!

 

特に、

よく考えないといけないのが

大工さんに犬小屋を無料で

作れなんて言えませんよね^^;

 

それと同様でエアコンを無料で

外せとは言えません。

 

なので、

ケチケチしてはいけません。

 

ケチケチするならエアコンなんか

買わなくてイイのです!

 

エアコンを買うお金を工面できる

決断があるなら処分費や

工事費の責任を持つのが

大人だと思います!

 

ましては、

スーパーの値引きではないので

工事費を値切る人間にだけは

決してならないでください^^;

 

では、

今日はこのへんで(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!