【モノプラ鑑定部】旧車や昔の車についていたカーステ類やオーディオ機器はいくら壊れていても汚くても売れる物なんだ!現代の車のものなんかと格が違うからこそその価値を現役鑑定士が教えちゃいます!

どうも~(^^♪
MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

最近、

よく査定でよく来るのが、

昔の車に搭載していた

カーステ類やオーディオ類などのものです(^^♪

 

2.30年前の物で値段がつかないから

処分をしてくれと言う人が多く、

いつも査定をする時に、

ビックリされて帰られる方が

多いのです(^^♪

 

そこで今回は、

昔の車である通称:旧車

搭載していたカーステ類やオーディオ類

ついて特集をしたいと思います!


ポンサードリンク



1.もう販売がされていなく廃車から取り出すしかしかない。

 

もちろん!

20年前や30年前の物なんか、

現代まで作っている事

なんかないですよね^^;

 

この20年前30年前と言うのが

キーポイントで、この時の車文化とは

物凄い人気があり、現代で言えば、

40代~70代の世代は、

スカイライン

スープラ

シルビア

アルテッツァ

などのスポーツカー乗り

大活躍した時で、この時に

販売されていたカーステ類オーディオ類は、

高価な物である上に、もの凄い欲しがりが

いました。

 

おまけに、

車上荒らしが一番に欲しかった品物

この系統であった為に、イモビライザー

の普及もこの時からだと思います!

 

当時は、

車の改造で代表的だった

レカロシート(こちらも人気)や外装パーツ

音響システム改造までもが過激で凄く

車仲間に見せ合う度に、この系統の改造は、

羨ましがられる箇所でした。

 

ですが、

 

時代がエコカーやスマートカーに移行後

純正シートの高クオリティー化や、

純正音響システムの充実機能などで

安価に手に入るようなれば、

最初からフル込みでの車体販売に

なった事で、当時の改造で欲しがられた

カーステ類やオーディオ類の需要が

無くなったのです。

 

だが!

 

違います!

 

実は、

 

安価な物で作れるように

なっただけであって、

 

当時の物はコストが高く

作られていた名機なのです!

 

その名機は、

重要が無くなったのではなく

ただ単に、搭載するような車の生産が

止まっただけの事だったのです!

 

と、なると、、、、、

 

もちろんこの当時の

カーステ類やオーディオ類の

生産もなくなれば、機能が良く出来て

尚且つリーズナブルな価格体で販売が

出来る物を生産しますよね。

 

そうなると、

当時の物を手に入れるには、

廃車になった当時の車から

取り上げるしか方法がないのです(>_<)

 

2.手に入れるにはオークションぐらいしかない。

 

廃車から取り上げるしか方法がないとなれば、

じゃ廃車を探さないといけないのか?

 

違います!

 

それこそヤフオクなのです!

 

ヤフオク型番を検索すれば

簡単に出てくるのですが、

今回は、旧車と言う所もあり、

「旧車 イコライザー」

ザックリと検索してみましょう!

 

すると、

 

 

この様に、出品している物が出てきました。

 

ちなみに、

 

この時の検索時は数件しかなく、

そんなにありませんでした。

 

なぜなら、

旧車タイプの物は、

滅多に出てこない商品の為、

出品する商品数も少ないのです!

 

そりゃそうだと思います!

だって20年30年前の車なら

車自体もないのに、商品だけが

多いなんてないですよね^^;

 

後、

画像を見ていて5万円や1万円と

値付け出品をされている方がいますよね。

 

これは、

オークションにすると、

争うがこの値付けよりも下で

売れる可能性があるので少し高めで

値付けして売りに出しているのが

この場合なのです!

 

つまり!

 

相場より気持ち高めでも

マニアや業者なら買うかもしれない

からです!

 

他にもヤフオクには、

アラート機能があり、探している商品

欲しい商品系統を良く出している業者のID

事前登録をしていると、出品された瞬間

通知してくれると言った便利機能があります。

 

なので、

この商品以外にも、掘り出し物がよく出る

リサイクル店のIDを事前登録をしていれば、

欲しい物が早く見つかりやすくなる上に、

今回みたいに、中古パーツを扱う専門店や

音響関係の専門店のIDを登録しておけば、

レアな商品が早く見つけられるので

覚えとく価値はあります(^^♪

 

3.今でも、欲しくてたまらないマニアや業者がいる。

 

旧車タイプのカーステ類やオーディオ類

欲しくて狙っているのが、

旧車マニア

海外に売る貿易屋

メカニックマニア

親日家の外国人

音響マニア

などの熱烈な肩書を背負ったその道の人達

欲しがっているのです(^^♪

 

ここで注目をして欲しいのが、

「海外に売る貿易屋」と言うワードです!

 

他の人達は、考えたらなんとなくわかる!

と言うのが思いますよね。

 

でも、貿易屋(´・ω・`)?

 

と、あまりピンと来ない方は

多いと思います。

 

実は、

 

貿易屋とは、前にもチラッとご紹介した事が

ありますよね(^^♪ 確か、ミシンの記事で

ご紹介しましたよね(^^♪

 

外国の方が、母国で人気な日本製の物を

日本に来日しリサイクル店などから、

直接、買付しに来る通称:貿易屋と

ご紹介しました。

 

この貿易屋が実は、狙っている商品の

1つがこの旧車タイプのカーステ類や

オーディオ類なのです!

 

ちなみに、

よくテレビで昔の日本の原付や車が

走っているのが映っている事は、

有名な話ですよね。

 

それと同様に、

日本のカー音響技術世界が羨む物で、

まさしく職人大国日本と言わしめる物

なのです(^^♪

 

この日本が生み出した

昔の日本製のカーステ類オーディオ類は、

物凄く海外では人気であり、東南アジアを

中心に売買がされています。

 

また、

などの使われている材質が多く、

壊れても直して使える。

ダメなら材料で分解し使える物は売る。

などの理由までもあるぐらい欲しくて

たまらない海外の方がいるのです(^^♪

 

なので!

 

これも前言ったように、

MADE IN JAPAN

USED JAPAN

の言葉が意味する事なのです!

 

実際に、

この画像をご覧ください!

お馴染みの買取店御用達のオークファン

なのですが、「旧車 イコライザー」

簡単に検索してみただけで、

金額と入札数を見て、20年30年前の物

まさかのこれだけ欲しがる人がいるんだと

思うと、欲しがる人間がいるのだと

思いますよね(^^♪

 

もはやこれを見れば、

人気があるんだと確信しますよね(^^♪

 

4.よく家のガレージや倉庫に眠っている事がある。

 

小見出し1で、

廃車になった当時の車から

取り上げるしか方法ない!

言いましたが、廃車以外にも

倉庫

ガレージ

などの昔の思い出の物

眠りやすい所にある可能性が

高いのです!

 

実際に!

 

買取を行ってきたお客様に

聞いたところ、、、、、

 

皆さんが同じように、

倉庫に閉まっていた。

ガレージから出て来た。

と言うのです!

 

特に!

 

田舎の家が多く、

昔、乗っていた車に積んでいた物で

廃車にするから外した。

当時、他の物をつける事になって外した物。

と言った理由で持っていた方が

多くいるのです!

 

と、言う事は、

 

この記事を読んでいるあなたの

お父さんが40代~70代の方で、

旧車乗りをしていたなら、

 

もしかすると、

この記事の様に持っている可能性が

ありますよね(^^♪

 

さぁ、いらなくて眠っているなら

ちょっとした小遣い稼ぎをしましょう(^^)/

 

5.まとめ。

 

今回、

ご紹介した記事の様に、

昔の日本製の物がいかに売れるのかを

ご紹介してきました。

 

ですが、

 

この系統の物は盗難が多く、

古いから盗難とは現代では

思われにくいかもしれませんが、

 

窃盗は立派な犯罪です!

 

探すにも、

倉庫ガレージの中から

身内の物が例え出てきても

ちゃんと許可を得てから

ヤフオクなりで売ってください(^^)/

 


ポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!