【モノプラ鑑定部】ダイヤモンドの買取で鑑定書は必要なのか?と思う人に教えます!鑑定書の必要性!

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

ダイヤに鑑定書は必要か?

と言う事を書いていきます(^^♪

 

鑑定書とは、

ダイヤモンドのランクを証明した宣言書です!

この宣言書を実際にそのダイヤモンドを

鑑定して証明がされた重要な書類に

なります!

 

では、鑑定書の効力とは?

 

買取店でダイヤモンドを売る時に、

鑑定士はルーペでダイヤを覗き、

そのダイヤのランク状態を見ます!

 

鑑定士は人間であり、

人間の目の鑑定力にも限界があります!

 

ダイヤの質が良くて、

人間の目ではこれ以上の鑑定が出来ない場合は、

機械判定といい鑑定機関に出す事になります。

 

ですが、

鑑定機関への鑑定依頼にはお金がかかるので

どこの買取店もそれはしません。

 

仮にしたとしても、

よっぽどのダイヤではないと、

預かりをして鑑定機関に依頼する事なども

しないので基本的には鑑定士の目利きで

決まる事になります。

 

ですので、

仮に質が良いダイヤで鑑定書が無ければ、

限界までの状態までの買取査定額しか

出せないのです。

 

となれば、

鑑定書の必要性が高いですよね(^^♪

 

鑑定書があれば、

鑑定士の目利きに頼らずに、

鑑定書通りに査定が出来るので

お客様も鑑定士もフェアな立場で

査定に挑めるのです

 

だけど、

鑑定書にも罠があります(>_<)

 

実は、

ダイヤモンドにランクがある様に、

鑑定書にもランクがあります!

 

鑑定書のランク?

(´・ω・`)

 

鑑定書は、

ダイヤモンドの販売元とは別に、

鑑定機関という組織が鑑定した

ダイヤモンドの鑑定レポート

なのです!

 

なので、

別名で鑑定書の事を、

グレーティングレポートと言います!

 

この鑑定を行う鑑定機関にも

鑑定力技術力格付けするランク

言う物が存在しており、、、、、、、、、、

鑑定機関の名前でその鑑定書の効力

と言うのが全く違います!

 

このランクとは、

鑑定の信頼度を表すランクでもあり、

鑑定機関の名前で鑑定した

ダイヤモンドの正確さを

証明したランクになります!

 

つまり、

いくら鑑定書があっても、

鑑定機関の名前だけでそのダイヤモンドの

鑑定結果通りに査定が出来るかどうかの

違いが出てきてしまうのです(>_<)

 

なので、

鑑定機関のランクが低くければ、

いくら鑑定書があっても、

その通りに査定が出来ないので、

鑑定士の目利きでの査定に

なってしまうのです!

 

ちなみに、

 

鑑定書通りに査定が出来る

ランクが高い鑑定機関名が、

以下の通りになります。

GIA

中央宝石

AGT

国内で流通している3社がこの機関

であり、この鑑定書があるダイヤモンドや

その他の宝石は、発行された鑑定書通りに

査定が出来ますので、この3社の鑑定書が

ある方は無くさずに厳重に保管しとか

ないといけません!

 

それ以外の鑑定書は、

申し訳ありませんがランクが低いので

効力は全くありません。

 

また、

鑑定士の本音になりますが、

ランクの高い鑑定機関に鑑定依頼を

出すと言う事はそれなりの鑑定料が

かかります。

 

ダイヤモンドの販売元も、

本当に質の良いダイヤモンドでしか

鑑定機関に依頼して鑑定書の発行を

しない事が多いので鑑定書自体の

存在の有無もあります。

 

大体のダイヤモンドは購入した時に

鑑定書ではなく鑑別書である場合が多いのと、

婚約指輪などは鑑定書が付いている事が

あるのですが、鑑定ランクも低い事が

あります。

 

鑑別所は、

販売元でダイヤモンドですよ。

と言った保証書であります。

 

鑑別書は、

査定には全く役に立たないので、

処分しても大丈夫です!

 

まれにあるのが、

婚約指輪や結婚指輪に使用される

ダイヤモンドは質がイイ物を使う傾向が

あるので鑑定書が付属されている事が

多いですが、鑑定名は様々です!

 

なので、

鑑定名を確認しないと何とも言えません!

 

 

では、

おさらいしましょう(^^)/

 

 

ダイヤモンド 買取で、

鑑定書は必要なのか?

と言われたら、

鑑定ランクが高い鑑定機関である

GIA

中央宝石

AGT

3社のどれかが発行した鑑定書

ではないと、、、、

その鑑定書通りに査定が出来ないので、

それ以外の鑑定書になると

不必要である!

と言う事になります(^^♪

 

ですので、

まずは、

鑑定書の機関名の確認をして

ランクが低い機関だった場合や

鑑定書が無い場合は鑑定士の目利きでの

査定になってしまうと言う事になります!

 

なので、

鑑定書の必要性は機関名によると

言う事になります(^^♪

 

ぜひ、

覚えといてください(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!