【モノプラ鑑定部】金の延べ棒でお馴染みの金のインゴットとは普通の金とは違う!何が違いどう特別なのかを現役鑑定士が簡単に教えちゃいます(^^♪

どうも~(^^♪
MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

皆さんは、これを見て

なんと答えますか(´・ω・`)?

大体の人は、

「金延べ棒」答えますよね(^^)/

 

でも、実際は、

「インゴット」と言います。

 

金の延べ棒は、金を塊化した物で、

それを、見た目で消費者が言い出した事であり、

正式にはコレと言った名前が決まっていません。

 

ですが!

 

最近では、

延べ棒自体の浸透度の深さから、

この形のインゴットを「延べ棒」と紹介したり

「ゴールドバー」と紹介する営業マンを

よく見ます(^^♪

 

今回は、

この金の延べ棒ことインゴットについて

現役鑑定士が簡単にわかりやすく

教えちゃいます(^^♪


ポンサードリンク



1.金のインゴットは純金を塊にした資産製品!

 

インゴットは、

金は金なんですが、18金でも14金でもない

「99.9」刻印の純金なのです!

 

その純金を延べ棒の形で塊化した製品が

このインゴットなのです!

 

インゴットとは、

純金を塊化した製品の事を言うので

インゴットと聞いたら、純金と言う事です!

 

特に、インゴットは、

ただの純金製の製品ではなく

資産製品なのです!

 

資産とは、

簡単に言えば財産と思ってもらえれば

イイのですが、車やテレビなどと違い

投資財産なのです!

 

つまり!

 

株や土地と同じなのです!

 

なので、

インゴットを持っている=資産

と言う事になり、投資財産の所有

言う事になります!

 

ですが!

 

インゴットは、

1グラムから販売されているので、

極少量1個が50万以下のインゴット

ぐらいでは、投資財産の所有では

見られないので、持つなら51万以上

ぐらいからです!


ポンサードリンク



2.実は、一般の純金買取取引価格よりも高い!

 

インゴットは、

金なので売る時は、K24の純金価格

グラム買取になると思いますよね!

 

実は、

 

グラム買取は同じなのですが、

K24の純金価格ではなく、、、、、

 

その上のインゴット価格の値段での

グラム買取になるのです!

 

このインゴット価格なのですが、

同じK24の純金なのにも関わらず

インゴットって言うだけで、

別でインゴット価格と言う相場が

確立されており、インゴットに対しては、

その値段で計算されちゃうのです!

 

なので、

 

同じK24の10g純金指輪

10gインゴットだと、、、、、、

インゴットの方が

高いのです!

 

これは、

この相場が何の相場で

あるのかが決め手になります!

 

皆さんが知っている新聞とかで

公表されている買取価格とは、

このインゴット価格になります!

 

ですが、インゴット以外の

金アクセサリー製品などの商品物

全部、リサイクル価格と呼ばれる相場での

買取価格帯になり、調べないとわからない

相場表になります!

 

身近にありやすいK18やK14などの金は、

リサイクル価格での買取相場に属し、

公表されているインゴットの公表価格帯とは、

全く違う価格帯になるのです。

 

と言ってもインゴットは純金しかないので、

K18と価格帯が違っても関係ありませんが、

一番上のK24の純金をお持ちの方からしたら、

大きく変わってくるので、大事な事なのです!

 

その理由は、

リサイクル価格帯のK24純金価格と

インゴットの純金価格は1g辺り平均200円

ぐらい違います!

 

インゴットの方が、

1g辺り平均200円高いのです!

 

なので、

日々変わる相場で、もしかすると、

200円以上の開きも起こりえない話な上に、

金の資産家投資家からすれば、

所有するグラムが大量なので

金の相場が上がれば上がる程、

開いてくる差の金額も

大きくなってくるのです!


ポンサードリンク



3.金のインゴットとは、金の延べ棒の事ではない!

 

インゴット=金の延べ棒意識している方

多いと思いますが、全く違います!

 

インゴットは、

簡単に純金を塊にした物で、

それがどんな形であろうが、

別に純金の塊には変わりありません。

 

ただ金の延べ棒は、

ゴールドバーと言う製品として

投資物の目的で売りに出されている商品な

だけでインゴット=金の延べ棒!とは

限らないのです!

 

なので!

 

投資物の目的で製造された純金製品は、

インゴットと言う意味を持ち、

金の延べ棒だけではなく、

いくつかのインゴット商品があります!

 

その中で、簡単にご紹介します!

 

 

代表的な延べ棒以外のインゴットと言えば、

この画像の外国製の金貨で、

「999.9」刻印がある金貨や「Fine Gold」は、

通称:メープルリーフと言う純金製のコイン

又は金貨と言う物で、これも、投資目的の製品

インゴットになります!

 

日本の物でも同じように金貨に

なった物や小判があります!

これらは、

投資目的骨董価値の投資目的

作られている物であり、

 

インゴット価格帯とは別に、

各それぞれの製品インゴット価格として

もあるぐらい注目度の高い製品なのです。

 

 

実は!

 

これには理由があります!

 

その理由を含めて次の小見出し4

移ります!


ポンサードリンク



4.金のインゴットの売却にはクセがある!

 

ここでは、売却にクセがある理由を

細かく分けて説明していきたいと思います!

 

①売却にクセがある理由。その1

 

先ほどの小見出し3で、

インゴットの取引価格帯とは別で

金貨の買取価格帯があると言いました。

 

これは、

日本の法律があり、

金貨やお金には各額面が設定されており、

額面を無理矢理変える事や何かに

化けさせたりすることもできません。

 

手品で硬貨に仕組みをするべく

穴を開けたりして細工する事や

不公正な売買は、

法律で禁止されているので、

絶対にしてはいけません。

 

その事から、

金貨の場合はお金なので、

安易に高く値付けしたりして

売ったりとか、細工をしたりすることは

法律に触れるのでこの特別な価格帯

設けているのです。

 

 

ですが?

金貨の細工ってどんな事をするの?

と思う方がいますよね?

 

これは、

日本の金貨によくある話なのですが、

金貨はお金で額面もあるので、

現在でも買い物で使用が出来る上に

銀行で両替をすれば額面通りに

手に入ります!

 

でも、

ここ近年は金が高騰しており、

グラムで換算した場合、額面よりも、

金として売った方が高い事があり、

グラムで売る方が増えて来たから

この価格帯を設ける事にしたのです。

 

もちろん、

金貨のグラム買取は不公正なので禁止です!

 

中には、

金貨の額面で買取、

金貨を壊し姿形を滅茶苦茶にして

売る買取店もいます。

 

それを防ぐべく

ちゃんとした相場を設けているのが

この金貨の相場です!

 

ただ金が下がれば

グラムでは損しますが額面から

落ちる事はないから、言い方悪くすれば

保証付きのインゴットだと思います!

 

なので、投資目的の製造は

グレーな部分がありますが

売却の際は金貨は特に気をつけましょう!

 

②売却にクセがある理由。その2

 

インゴットの売却には、

とてもシビアな問題が潜んでいます!

 

金は、腐っても金と言う様に、

2つに折れようが傷がつこうが、

絵具で色を変えようが価値は

変わらないのですが、、、、

 

それは、

リサイクル価格帯だけの話です!

 

実は、

インゴットに関しては、

傷や汚れ自体から御法堂な物

本体に少しでも、そのような事が

見られてしまうとインゴットでは

無くなるのです!

 

無くなると言う事は、

インゴット価格での買取は不可能になり、

リサイクル価格帯のK24純金価格での

買取になってしまうので、

通常よりも安くなってしまいます!

 

ですが!

 

このシステムを逆手に捉えて

喜ぶ人間もいます!

 

それが、

 

インゴットを持たず

純金製品を持つ金の投資家さん達です!

 

実は、

インゴット土地と同じの

投資資産として扱われるので、

売却してお金が入れば、

所得になり、課税対象となります。

 

そうなると、

せっかく手に入れたお金も、

税金で持ってかれる羽目になるので

インゴットって言ってもリスクある

資産なのです。

 

そうとは知らずに投資する方も少なくなく、

気付けば投資金が税金の関係で下回った話も

聞いた事がありました!

 

しかも、

 

金の上がり方は急激とかのフィーバーが

見込めない為に、買ってから長いスパンで

待って税金を払っても十分な利益が残る

状態になるようになったことを確認してから

売却を考えないと意味がないのです!

 

だから、しんどいのです(>_<)

 

だから!

 

インゴットを持たない人は、

同じ純金でもインゴットではない、

純金製の商品を持つのです!

 

その商品とは、

おりん

時計

置物

嗜好品

などの日用目的で作られた物持つことで、

節税免除望め、税金対策が出来るのです!

 

この場合だと、

インゴットでは無くなるので、

リサイクル取引価格帯での買取に

なるのですが、インゴット50g以上を

持つのと51万以上の干支の置物を

持つのとでは、税金の有無の差が

生まれ、51万以上の干支の置物を

持つ方が残るお金が多いのです!

 

と、ここで!

先ほどの小見出し3を読んでいて

疑問に感じた方がいたと思う方

出てきたと思います。

 

金貨で、

ネックレスになっている製品が

あるじゃないか!

 

これは、

アクセサリーだから嗜好品や時計とか

となんの変わりはないからインゴット

ではなくなったりするじゃないか(>_<)

 

と思うはずです!

 

 

 

これが言いたい物ですね!

 

確かに画像のように、

アクセサリーにされている金貨が

あります!

 

ですが、

これもインゴットであり、

立派な投資目的な物です!

 

実は!

 

このアクセサリーのトップに

なっている金貨なのですが、

画像に写っているトップの

側に注目してください!

 

この側は、K18で出来ており

K18の側にトップの金貨をハメているのです!

 

これは、

お金なので穴を開ける事すら出来ない上に、

インゴットなので傷すらもつけられないから

このK18で側を作り、その枠に金貨をハメて

いるのです。

 

なので、

K18で保護されたインゴットアクセサリーと

思ってもらえればわかりやすいです!

 

ちなみに、

K18部分は、リサイクル価格帯のK18価格

であり、金貨の場合は傷や汚れがない限り、

インゴット価格になります!

 

③売却にクセがある理由。その3

 

インゴットは、投資物であり、

売却すれば税金がかかります(>_<)

 

ここでは、簡単に説明をしてみると、

 

インゴットを売却すると、、、

譲渡所得税と言う課税が待っています!

 

これを算出する前に、インゴットの売却

すると、出た利益から、

特別控除として利益から50万円

最初から引く事が出来ます!

 

なので、

インゴットを売却し、51万以上の利益が

出た場合、利益から50万円までは、

特別控除として引く事が出来ます!

 

 

なので、

利益が50万円までのインゴットぐらい

なら持っていても課税はされなく

安心なのですが、、、、、

 

51万以上の利益が出るインゴットの売却

からは、特別控除の50万円を引いて

残った金額が課税対象になるので、

見極めのポイントとして覚えておく必要が

あります!

 

ですが!

 

5年以上インゴットを所有し、

51万以上の利益が出たインゴットを

売却をした場合は少し変わってきます!

 

5年以上所有で51万以上の利益が出た

インゴットは、課税される譲渡所得金額が、

半分になります。

 

計算としては、

売却金額利益額特別控除50万円÷

課税譲渡所得金額という計算で算出します!

 

分かりやすくすると、

売った金額が500万円利益が300万円

するとこの300万円が所得になり対象の金額

になり、ここから、

特別控除50万円を引いて150万円となるので、

この150万円から半分割ってあげると

75万円になります!

 

この75万円が課税譲渡所得金額

となるのです。

 

なので、

5年以上の所有で、

500万円で売れたインゴット

300万の利益が出た場合

75万円の課税になると言う事です!

 

逆に!

 

5年以内の所有だと、

半分に出来ないので、

先ほどの計算式で出た75万円が

150万円のままと言う事になり、

150万円が課税譲渡所得金額に

なるのです!

 

但し!

 

これは、

一年間で一回の取引で終えた場合の話であり、

納税をする際は、給与所得などを加えた

総合課税方式による申告納税となります。

 

なので、

 

給与以外での所得とみなされるので、

副業で行っている場合や臨時収入で

あった場合は、年間で決められた金額を

超えないようにしないと来年の所得税にも

影響が出るので、いくら一回の利益で50万は、

特別控除があるからと言って、最終的に得た

利益が年間で決められている所得控除の金額を

超えてしまうとなんの意味もなくなるので、

売却の際は十分な判断が必要です!

 

それか!

最寄りの税務署でご相談ください!


ポンサードリンク



5.まとめ。

 

今回も、

長めの記事になりましたが、

インゴットは投資物であり、

その形は、延べ棒の事ではなくて

投資目的の製品である事に、

汚れなどは出せない上に、

売却には、公正取引に課税される事などの事を

考えないといけないのが努めであり、

投資を考えるにはオススメできません(>_<)

 

ですが、

 

オススメするなら、

貴金属の売買のがまだしやすく、

会社にしない限り、年間の所得額を

守っていればイイお小遣いになるからです!

 

今回のこの記事を読んで、

鑑定の世界で少しでも興味を

持ってもらえますととても最高です(^^♪

 

1年間に1000人以上のお客様の多種多様な

商品を鑑定する現役鑑定士のユッキーが休日

に更新する物の見方を変えてしまうブログ!

「MONO+PLANET」

これで、知らないままで終わっていた

人を救える事をユッキーは願っています!


ポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!