【モノプラ鑑定部】血圧計は、そんなに価値がない!だからこそ、安く買える方法にも繋がる!その詳細を現役鑑定士が教えます(^^♪

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

血圧計です!

 

現代は、

日々の血圧の把握は

個人で行う事が主流に

なっている上に、

高血圧による病気の事前予防を

取り組むのが当たり前の様に

なっています!

 

その時に、

必要となるのが血圧計です!

 

特に、

個人で所有する血圧計は、

デジタル式の血圧計が多く、

薬局や量販店なので購入が可能に

なっているので手軽に手に入ります!

 

ですが!

 

定価の値段が

高いΣ(゚Д゚)

 

と言った問題があります!

 

安い物でも、

7000円弱辺りから、

高い物は1万円以上と

しているのが現状です(>_<)

 

でも、

 

血圧計は、

実は、そんなに高くないのです!

 

今回は、

えっ!と思ってしまう言葉の正体を

皆様に暴露していきます(^^♪


スポンサーリンク



 

1.血圧計は、重要が高い割には中古市場では安い!

 

まずは、

下記の画像を見てください。

 

これは、

OMRON の上腕式血圧計で

型番が、HEM-5001

デジタル自動血圧計 2017年製の

中古市場相場です!

 

しかも!

 

美品の数回使用品です!

 

それが、

1000円代で買えてしまう物

ある上に注目してほしいのが、

下記の画像になります!

 

 

この画像は定価の値段であり、

あまりにも凄すぎる差額に、

僕達もこの業界に入った時は

驚くばかりでした!

 

こういった様に、

血圧計は凄く需要が高い割には

中古市場はそんなに高くないのです!

 

確かに、

物によっては市場の差はありますが、

定価で比べれば驚くような差額に

なる事は間違いないです!

 

この様な情報を知ってしまうと

今まで定価で買っていた事が

アホらしくなりますよね^^;

 

でも、

これに深い訳があるのです!

 

その訳とは、

 

血圧計の様な商品は、

搭載機能向上不可商品

言う分類に属してしまう

商品の為にこういった事に

なってしまうのです!

 

搭載機能向上不可商品?(´・ω・`)

 

簡単に説明をすると、

これ以上、機能を上げる事が

出来ない商品の事です!

 

血圧計は、

血圧を計る事以外に

何も求める事はないですよね。。。

 

ましては、

血圧計はお年寄りの方が

使う事が多い商品ですので、

余計な機能や操作を難しく

するわけにはいかないので、

新品を買っても中古を買っても

機能に差がない以上は同じ物ですので

どれを買っても一緒なのです(^^♪

 

ですので、

中古市場もそれを把握した上での

相場になっていますので、

平均的に血圧計は安いのです!

 

ちなみに、

買取店でも買取はしてくれますが

外観の状態や動作状況を

確認して査定額を出しますが、

思う以上に安いので売るよりも、

誰かにあげるか使うかの判断が

一番にイイと思います(^^♪

 

2.定価が高いのは、入れ替えが少ない商品だから!

 

中古市場は、

安いのに定価は安くならないのか?

と思う事がありますよね^^;

 

そもそも、

搭載機能向上不可商品の特徴で、

一度買えば壊れるまで

買い替える事が無い商品である為に

デザインが変わったり余分な機能が

増えても買い替える理由に繋がる事は

無いのです^^;

 

しかも、

 

目的が血圧を計る!

だけの目的ですので、

目的が果たせれば買い替える事が

無いのがお年寄りの中では多い話です。

 

ですので、

頻繁に売れる物ではないので

基本的に流通物産が少ない分

かかるコストも高いので、

定価が高くなるのです。

 

他にも、

お年寄りの方がターゲットに

なっているので平均支出額を

計算しての値段設定になっています!

 

また、

血圧計は医療品の為に

規格や審査での検査が

シビアな商品である上に、

事故や問題があってはならない為に、

値段も高くなるような事を

しないといけない事や品質価値に

手抜きが無いようにしなくては

いけないので、裏事情での

コストも高くなってしまいます(>_<)

 

そういった観点から、

この様な定価の値段を

生み出すのです!

 

安くなれと思う事がありますが、

安いのがいいのであれば、

ヤフオクで買う事がオススメです!

 

新品がイイなら、

量販店や薬局で値下げ交渉せずに

買いましょう(^^♪

 

3.血圧計の選ぶ際のポイントとは?

 

血圧計を選ぶ際に、

値段などを気にする事がありますが、

値段はそんなに関係はありません。

 

むしろ、

 

血圧計には、

 

上記の3枚の画像の様に、

上腕と手首で計る血圧計が

ありますよね(^^♪

 

自分自身が使いやすい物で

イイと思います!

 

ちなみに、

鑑定部のオススメは、

手首で計るタイプです。

 

この画像の様に、

純粋にこの体勢で出来る上に、

画面も一番近い状態で見やすいのが

イイですね(^^♪

 

持ち運びも出来るサイズですし

特に冬は上腕だと袖をめくらないと

いけないですがめくるのが、

めんどくさいですよね(>_<)

 

ですが、

手首は冬も関係なしに

そのまま計れますので

重宝したい血圧です(^^♪

 

ぜひ、

鑑定部のオススメを

参考にしてみてください(^^♪

 

4.血圧計が故障したら?

 

血圧計は、

毎日使うと壊れるのが早いです!

 

大体3年持てばいい方だと思います!

 

通電しなくなれば電池切れの

可能性が高いですが、

途中で電源が落ちて測定が

不能になれば完璧に故障です!

 

ですので、

おかしいなと思えば

買い替える事をオススメします!

 

命の記録をする事ですので、

慎重に血圧計の入れ替えは

率先して視野に入れていく事が

大事です!

 

5.まとめ。

 

今回は、

血圧について書いていきました(^^♪

 

血圧計は、

ホームシアタープロジェクター

などと同じで搭載機能不可商品の分類

になるので基本的には売れやすいが

イイお値段で売れる物では無いので

買取店に期待を持つよりも欲しい方が

手に入れたい場合は中古品で

手に入れるにはイイ方法だと

言う事です(^^♪

 

ですので、

血圧計を購入したい方は

ぜひ、今回のこの記事を参考に

勉強してもらえますと最高です(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!