【モノプラ鑑定部】金歯って金?金歯は買取が出来る金である事を現役鑑定士が教えちゃいます(^^♪

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

金歯です(^^♪

 

金歯は、

亡くなった方が残された遺品として

買取店に持ち込まれる事が多い中で

歯の治療で抜いて不要になったので

ご自身で持ち込む方がいます!

 

と言う事は、

金歯は金と言う事になります(^^♪

 

意外にも、

金歯が本物の金である事を

知らない人が多く不用で捨てる方

歯医者さんに処分してもうらうかなどで

損してしまっている人がいます(>_<)

 

金歯は本物の金ですので、

買取店に持ち込めば買取出来ますので

お持ちの方はぜひお売りになった方が得です!

 

なので、

これを説明して皆さんに損のない

金歯の売却をしてもらいたいたく

本日は、金歯のマメ知識だけを

書いて終わりたいと思います(^^♪

 

では、

本日は小見出しなしで行きます(^^♪


スポンサーリンク



金歯は基本的に18金である!

 

金となれば、純度がありますよね!

 

金歯は基本的に、18金であります!

 

なので、

K18

18K

750

と言った刻印がされている製品

同じ18金になります!

 

本来は、

アクセサリーその他金製品は、

刻印があるからその金の純度が

わかり買取店も査定が出来たり、

持ち主の方も自らで把握が

できますよね(^^♪

 

ですが、

金歯に刻印はありません。

それを証明できる物もありません。

 

じゃ?どうやって純度を知るのか?

 

そもそも!

 

金歯は、

基本的に18金製品の物ですので

ほとんどの金歯は18金になります!

 

まれに、

14金10金9金の物もありますが、

すぐにわかります!

 

なぜなら、

色味が全く違うです!

 

仮に、

14金だと少し黄色が暗くよく見ると

暗い赤色の様な色っぽいなと感じます!

 

実は、

一般的な18金や金歯って

黄色ですよね(^^♪

 

これは、

18金が金の配分率は75%に対して、

残りは銀と銅で割って出来た製品なので、

色配分的には、黄色が強くなります!

 

ですが、

14金はの金配分率は58.4%(切上数字)

である為に、残りを銀や銅で割ってしまうと

黄色が弱くなります。

 

出来上がった時は、

白っぽい感じが出ますが、

長い時間が経つにつれて銅の色が

出だします^^;

 

18金でもその現象はありますが、

 

18金は、

黄色の上に浮く様な銅の持つ

赤っぽい色が出ます。

 

14金になると、

ほぼ半分が銀と銅ですので

全体が赤色ぽくなります!

 

と言う事は、

10金9金はそれよりも

金の配分率が下がるので

真っ赤かになると言う事になります!

 

なので、

感覚の世界の話になりますが、

見れば意外にもわかるので、

ぜひ参考にしてみてください(^^♪

 

ですが、

基本的には18金しかないような物ですので

あまり心配はいらないかもですね(^^♪

 

もっと言えば、

18金より上の20金の物もありますが

ここぐらいになるとわかりません^^;

でも、それをされる方は少ないので

基本的には18金だと思っていてください(^^♪


スポンサーリンク