【モノプラ鑑定部】18金とは?買取が出来る金なのか?と疑問に思う人に教える!18金とは何か?現役鑑定士が教えます(^^♪

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

18金!

と言う事で書いていきます(^^♪

 

そもそも18金とは、

金のランク別の1種あります(^^♪

 

このサイトでも、

多く取り扱っているので

このサイトを見ている人から18金関連の

ご質問がよく来ています(^^♪

 

今回は、

凄く初々しいご質問が来ましたので、

その質問にお答えをしようと思い

書かせて頂きました(^^♪

 

質問内容:

Twitterの更新が楽しみで

いつも勉強になる記事を読まして

頂いております。

僕は、ブランド品を査定する鑑定士に

なりたくて自己流ながら勉強をしています。

もちろん貴金属の勉強もしているのですが

純金とか18金とか色んな言葉があり

理解が出来ません。

そもそも純金はわかるのですが、

18金とは何でしょうか?

買取が出来る金なのでしょうか?

教えて頂けませんか?

 

と言う内容を頂きました(^^♪

 

非常に初々しい質問です!

 

僕ら鑑定部も、

昔は全くわかりませんでした^^;

 

ですが、

僕らも先輩上司に教えてもらい

学んで仕事に就いているので、

将来の先輩になれればと思い、

詳しく教えます(^^♪

 

では、

行きましょう(^^♪

 

18金とは、

何か?

 

本日も、

小見出しにして書いていきますね~(^^♪


スポンサーリンク



 

1.18金とは75%が金ですよ!と言う意味である。

 

金には、

以下の様に各ランクがあります!

 

24金(純金)99.9%の金ですよ~!

23金約96%が金ですよ~!

22金約92%が金ですよ!

21金(正式は21.6金)90%は金ですよ~!

20金83.5%は金ですよ~!

18金75%は金ですよ~!

17金70%は金ですよ~!

14金58.5%は金ですよ~!

12金50%は金ですよ~!

10金41.6%は金ですよ~!

9金37.5%は金ですよ~!

8金33.3%金ですよ~!

5金21%金ですよ~!

 

と言った様に、

各ランクで分かれています!

 

このランクの事

品位と言います!

 

つまり18金とは、

この品位の中のランクであり、

75%は金ですよ~!

と言う意味なのです!

 

2.18金とは、買取が出来る金である!

 

先ほどご紹介した品位がある様に、

18金は金ですので金として

買取が出来ます(^^♪

この品位があるように、

各品位事に1gの相場単価

と言うのも存在します!

 

これは、

大体の買取店が見ている

日本マテリアルの相場サイトです!

 

これを見る限り、

品位事に1g単価と言うのが

設定さていますよね(^^♪

 

この中で、

18金に値段も載っているので

ちゃんとした金としての価値はありますので

18金も買取が出来る金なのです(^^♪

 

ちなみに、

相場サイトを見ていると、

載っていない品位もありますよね。

 

これは、

流通の関係で載せていないだけ

であり、載せていない品位に関しても

ちゃんとそれにあった値段があります

ので心配しなくても買取が出来る金ですので

大丈夫です(^^♪

 

3.そもそも18金ような品位がなぜ?あるのか?

 

なぜ、金は金でも、

品位で分かれている必要があるのか?

と気になる所ですよね^^;

 

実は、

金製品の製造に関わる事が関係しています!

 

金製品と代表的に言えば、

インゴット

ゴールドバー

延べ棒

置物

おりん

アクセサリー

金歯

などの製品がありますよね(^^♪

 

この製品を作る際に、

品位と言うのも意識しないと

行けなくなります!

 

インゴットゴールドバー

延べ棒などは資産として

投資家が所有する物ですので

もちろん!24金の純金になります!

 

そもそも純金は、

凄く柔らかい性質の為に、

人間の力で簡単に変形させてしまう事が

出来る非常に脆い物になります!

 

この純金で、

アクセアサリーなどを作ってしまうと

変形したりちぎれたりなどして

全く製品としての寿命が短くなるので、

純金に堅い物質を混ぜて強度を上げて

作ったアクセサリーなどの製品が、

純金から品位が落ちた18金などの金に

なるのです(^^♪

 

つまり、

18金の様に75%は金ですよ~!

となっているのは、、、、、、、、

残りの25%は銀や銅などの頑丈な物質を

混ぜて割った物と言う事になります。

 

この割った比率に対して、

残りの金の含有量で各品位に分かれる事に

なるのですが、、、、、、、、、、、、

それに似合った使用目的製品を製造する為に、

この品位と言うのがあるのです!

 

ちなみに、

 

アクセサリー関係になると、

18金や14金がメインであり、

たまに10金や9金もあります。

 

置物などは、

使用ではなく飾り物になるので、

純金がメインになります!

 

おりんも、

基本的に飾り物思考が高いので

純金になります。

 

そもそも、

資産で持つ純金は、

売却をしてしまうと所得税がかかります!

 

ですが、

純金製品の中でも置物やおりんなどを

持っている人は資産用の純金ではないので

売却しても場合によりけりですが

所得税はかかりにくくなります。

 

なので、

投資家の方でも資産用の純金を持たずに

税金対策として純金製品を持っている方も

いるのでぜひセットで覚えときましょう(^^♪

 

4.18金の刻印について。

 

最後に、

刻印についても説明しときます!

 

金には必ず刻印があります!

 

刻印の打ち方も、

このわかりやすく説明した

品位表に伴った刻印になっています!

 

例えば、18金なら、

K18(国内で流通する代表的な刻印)

18K(また別の記事で紹介します!)

750(昔の国内で流通した刻印)

18金(一部の中国製品の刻印)

などの刻印が存在します!

 

この刻印は、

どの品位も同じです!

 

K18は、

18金であり14金ならK14となります。

10金ならK10に24金ならK24となります!

もちろん、21金でもK21.6となりますので

覚え方は前にKがついただけですので

簡単です(^^♪

 

750は、

金の含有量を表した刻印であり、

18金は75%は金ですよ~!

と言う意味の75%を75.0%に置き換えて

750と言う刻印になっただけの簡単な

意味です!

 

14金だと、

58.5%なので585刻印になります。

 

なので、

覚え方としては、

純金が99.9%の様に、

その他の品位も含有量をパーセンテージで

表した刻印なんだなと思えば覚えられます(^^♪

 

18金と言う刻印は、

一部の中国製品ある刻印で

あるのですがあまりないので

あれば、少し偽物を疑う時があります!

 

金純と言う刻印は、

中国の純金を意味した刻印なので

心配はいりませんが金18や18金と

書いてある刻印に関しては、

検査をしないと何とも言えないのが

本音です!

 

ですが、

一般的な刻印としては、

K1818K750の様な刻印

製品のほとんどを占めていますので

これをまず基準にして覚えてもらえれば

イイと思います(^^♪

 

5.まとめ。

 

今回は、

18金とは?買取が出来る金なのか?

と言う事で書いていきました(^^♪

 

18金とは、

品位の中の1種であり、

75%が金ですよ~!

と言った含有量を表した事であります!

 

もちろん!

列記とした金であり、

買取も出来る物になります!

 

ですので、

18金も金として買取が

出来る物だと言う事です(^^♪

 

最後に、

鑑定士を目指す事は非常にうれしいので

鑑定部でも心より応援しています(^^♪

 

学歴資格スキルが関係なく

はじめられる仕事ですので

ヤル気がありと性格が良ければできます!

 

ですが、

働く環境や出会った人間で

どうしても離職もある仕事ですので

出会う人間いには要注意です^^;

 

このサイトを担当している

鑑定部のほとんども人間関係で

最初についた職場でイヤな経験を

しています!

 

なので、

モノプラ鑑定部と、

どこかで偶然出会えば、

その時は一緒に仕事が出来る事になれば

共に頑張りましょう(^^♪

 


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!