【モノプラ鑑定部】今日の18金相場は買取店が見ている相場サイトを見るべきだと言う事を現役鑑定士が教えます(^^♪

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

今日の18金相場は買取店が

見ている相場サイトを見るべきだ!

と言う事で書いていきます(^^♪

 

皆さんは、

お持ちの金などを売る際に、

ネット今日の相場などを確認る方

多いと思います。

 

その中で、

どのサイトを見ているか?

と言う所がポイントになってきます!

 

ここで、

1つだけ豆知識で覚えてもらいたいのが、

金における公表相場と買取価格の違い!

になります。

 

今回は、

これを含んだ上で書いていきます(^^♪

 

まずは、

公表相場買取価格の違いから説明します。

 

公表相場とは、

金の価値を表した値段であり、

その値段で買取が出来る値段ではありません。

 

なので、

買取価格と言うのが、

買取が出来る値段になります。

 

よく新聞で載っているのが、

公表買取価格と書いてあると思います。

 

これは、

買取価格ですので、

買取が出来る値段ですよ!

言う事になります。

 

ですが、

これはあくまでも参考の目安でしかなく、

実際にこの値段でしてもらえるかと

言いますと出来ません!

 

なぜなら、

その値段で買取をしてもらうには、

古物許可書会社の登記本書

無いと取引は出来ません。

 

どういう事かと言いますと、

公表買取価格を行っているのは、

あくまでも国ではなく金の卸業を

営んでいる企業になっているからです!

 

金の卸業企業は、

卸業ですので一般の方とは取引はしません!

 

企業同士ではないと基本的にしないので

古物許可書と会社の登記本書がいるのです!

 

では、

一般の方が金を売るには、

どうしたら良いのか?

 

それが、

街中にある買取店やリサイクル店に

出張型リサイクル店になります!

 

このお店になりますと、

古物許可書に会社の登記本書があるので

卸業との取引はできるので公表買取価格で

買取ってもらう事が出来るのです!

 

なので、

待ち中にある買取店やリサイクル店に

出張型買取店は仲介業になります!

 

となると、

仲介手数料がかかりますよね。

 

これが、

公表買取価格に対して、

利益を引いた分の買取査定額として

お客様に提示をする金額になります!

 

なので、

公表買取価格よりも、

安くなってしまいます(>_<)

 

ですが、

投資資産型の金である

インゴットやゴールドバーに延べ棒は

購入先の規約によりますが、

そこで売買が出来たりするので

街中の買取店に頼まなくても

大丈夫だと思いますが、

 

アクセサリーや置物などの、

嗜好品で購入された物に関しては、

売買目的での製品ではないので、

街中にある買取店などでしか

頼る所が無いのです!

 

ここまでをまずは、

理解してもらえたらと思います(^^♪

 

では、

相場のサイトについて書いていきます(^^♪

 

新聞などの公表買取価格は、

純金の値段しか載っていないですよね^^;

 

実際に、

18金などの品位が純金から下がった金に

関しての相場などは買取店の大半が見ている

サイトを見れば確認が出来ます(^^♪

 

それが、

日本マテリアルの相場になります、

 

日本マテリアルは、

大体の買取店との取引を行っている

卸業企業になります!

 

まずは、

Googleで、

ニチマテ K18と検索します!

※Yahoo!でも大丈夫です!

 

検索すると、

この検索結果になると思います(^^♪

 

この中の、

矢印が指している所を

クリックして開いてください(^^♪

 

すると、

開いた画面のこの部分を見てください(^^♪

これが、

買取店が見ている相場サイト

になります!

 

買取店が、

買取の際に見ているのがこのサイトであり、

このサイトで毎日更新されるその日の

公表買取価格を元にその日の金の買取を

行っています(^^♪

 

ですので、

今日の金の相場を知りたい方は、

このサイトを見る事をオススメします!

 

実際に、

この値段で買取は難しいですが、

買取店が参考にしている値段ですので

高値が付いている時は買取査定額も

高くなる可能性を期待できるかも

しれないので参考になると思います!

 

なので、

ぜひ今回の記事を参考にしてください(^^♪

 

また、

 

本日は、

今日の相場について書きました!

 

このままスクロールして頂くと

金の買取と相場について書いた記事も

ありますのでそちらも参考になるので

良かったら見てください(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!