【モノプラ鑑定部】昔の家庭用ビデオカメラの買取で密かにマニアが狙っている機能を現役鑑定士が教えます(^^♪

 

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

昔の家庭用ビデオカメラで

密かにマニアが狙っている機能!

と言う事で教えていきます(^^♪

 

皆さんは、

昔、子どもさんを撮るのに

ビデオカメラを買った事

あるはずです(^^♪

 

ですが、

撮っていた子供さんが大きくなれば

撮る事もないですよね(´・ω・`)

 

そんな時に、

使っていたビデオカメラは

どうなるでしょうか?

 

長期保管でベタベタになって、

眠り続けるのでしょうか?

 

いや、

そんな事はあってはなりません!

 

今すぐに、

不要になっているビデオカメラ

確認したくなる!

密かにマニアが狙っている機能

ご紹介して該当する人に得する情報を

与えたい思います(^^♪

 

それでは、

本日も小見出しにして書いていきます(^^♪


スポンサーリンク



 

1.規制前ナイトショット機能搭載のビデオカメラ。

 

ナイトショットとは、

簡単に言えば、

暗闇の中でも撮影が出来る事

言います!

 

実は、

密かにマニアが狙っている機能とは、

このナイトショット機能になります!

 

しかも、

どの昔のカメラも

ナイトショット機能がある事

今回の記事のキーポイントになります!

 

ココまで書いたら、

もうわかりますよね(^^♪

 

どんなマニアが狙っているか?

 

そうです!

 

表現的によろしくないので

控えておきますが(笑)(笑)(笑)

 

この昔のカメラの中には、

ナイトショット機能が

搭載されたカメラがあり

この機能をマニアが狙っています!

 

でも、

今になってなんで?

昔のカメラなのか?

 

それは、

規制前と言う事が関係します!

 

そもそも、

ナイトショットとは、

撮影時に光のない空間で赤外線が

捉えた物体からの跳ね返りを

カメラのイメージセンサーが受け取り

再現して出来る撮影機能になります!

(※鑑定部全員が法学部出身の為、

 詳しくないので正式な答えはWEBで!)

 

この機能があるおかげで、

人間の目では見えない物の撮影が出来る

のですが、、、、、、、

あくまでも、

光のない世界で捉えた物体を

再現する事なるので、

本来の色での再現は不可能であり

緑っぽいような白黒調の色で再現

なります!

(※鑑定部全員が法学部出身の為、

 詳しくないので正式な答えはWEBで!)

 

このナイトショット機能が発売時のカメラは、

機能を発動しながら暗闇の中ではなくても、

日中でも撮影が出来る品物でした!

 

その結果、

SONYから出たビデオカメラ

この機能を使って日中に撮影する

スケスケになっちゃう!と言う事が

判明してしまい回収と販売の中止

なってしまったのですΣ(゚Д゚)

 

この問題により、

発売後約半年で規制をかけて

日中に撮影が出来なくなったり

透けないような対策を取った物

再販したのです!

 

つまり!

 

マニアは、

この規制前のナイトショット機能

搭載したカメラを狙っている

言う事になるのです!

 

2.規制前の物かどうかは機種でわかってしまう!

 

発売後、

約半年で規制がかけられたので、

この時に出たビデオカメラの機種は

限られており

すぐにわかってしまいます!

 

今回は、

売れる物としてご紹介しますので

決して悪用目的での使用に繋がる事

だけはしないでください!

 

以下がその機種になります!

・CCD-TR280PK ・CCD-TRV45K

・CCD-TRV85 ・CCD-TRV425K

・CCD-TRV825K ・CCD-TRV9

・CCD-TRV95K

(※上記の機種は規制後も改良された物も

  あります。)

 

また、

改良されたからと言って、

売れない物になった訳ではなく

改良された物でも改良後機種に対応した

闇で売買されているフィルターがあり、

改良パスも出来てしまうので、

売れます(^^♪

 

売れ値は少し落ちますが、

それでも売れる物ですので、

大丈夫です(^^♪

 

3.売る場合は、よく考えないといけない。

 

この様な昔のビデオカメラで

少し訳ありな感じで欲しい人が多いとなると、

各相場表でもチェックする必要

あります!

 

今回は、

買取店でよく来るこちらの機種で

CCD-TRV9相場をチェック

したいと思います!

 

まずは、

ヤフオクですね(^^♪

これは、

ヤフオクの売れ値の一覧になります!

 

この様に、

売値がバラバラですよね^^;

 

正直、

今回のビデオカメラになると

売り方1つで売値も変わります!

 

ですが、

売れない訳でもないので

値段にこだわりが無ければ

適当に出しても良いですが

的確に売りたいなら以下の項目の

チェックはいります!

動作品か?

外観の状態

ベタはないか?

本体以外の付属品の有無

などの項目はチェックしないと

いけません。

 

また、

画像の撮影にも少しこだわり

通電時の画面などを取らないと

いけません。

 

後は、

日中にナイトショット機能を発動して

ハッキリと見えていたら規制前で

高く売れやすいのでせひしてください!

 

仮に、

上記の項目などのチェックが

完璧だった場合は、、、、、、

 

ヤフオクよりも、

Amazonの方が

イイかもしれません!

 

こちらは、

モノレートでの販売表であり、

ヤフオクよりも売れているのが

わかりますよね(^^♪

 

モノレートの見方に関する事は、

過去に書いたこの記事を見てください!

【モノプラ鑑定部】メルカリで売る方がいつも迷う値段設定に現役鑑定士が教えます!タダで知れる相場で値段設定しよう(^^♪

 

この様に、

Amazonでは、

ヤフオクよりも高く販売されて

売れる確率も高いですよね(^^♪

 

これは、

先ほどの項目チェックが完璧にクリア

しているからこそ出来ているので

ぜひ、完璧な場合は

Amazonで行きましょう(^^♪

 

逆に、

ジャンク品

訳ありな場合

本体だけ

こう言った場合は、

ぜひヤフオクで行きましょう(^^♪

 

4.買取店での買取額は安い!

 

買取店になると、

ヤフオクの相場表で見ます!

 

こういった少し訳ありになると、

売値も予測しにくいので万が一の事を

考えて1000円ぐらいが平均的だと

思います!

 

大体の口説き文句が、

古いので、、、、、、

昔のビデオカメラなので、、、

と言って成約を求めてくる事が

ありますが、、、、、、、、、

 

買取店に売るよりも、

自らで売る方がオススメですので

買取店と比べて考えるなら、

ヤフオクの出品中の画面での

 現在価格を確認。

モノレートを確認。

をして大体の値段を知って比べる事

オススメしますので、

ぜひ参考に自分にあった売却方法を

してみてください(^^♪

 

5.まとめ。

 

今回は、

昔の家庭用ビデオカメラの買取で

密かにマニアが狙っている機能を

ご紹介していきました(^^♪

 

意外にも

こういったマニアが狙っている商品は

数多くあります!

 

ですので、

こんな昔のビデオカメラが、、、、、

と思って捨てるよりもまずは、

調べてみる事が大事だと言う事です!

 

この記事で、

まず言える事は、

ナイトショット機能

要注意ですよ(^^♪

 

では、

今日はこの辺で失礼します(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!