【モノプラ鑑定部】プリンターの買取は安いか買取が出来ない事が多い!なぜなのか?その理由を現役鑑定士が教えます(^^♪

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

 

 

プリンターです(^^♪

 

プリンターは、

一家に一台は必ずある商品であり、

写真がご家庭で印刷が出来る時代

だからこそない家はない!と言っても

過言ではないぐらいの商品ですね(^^♪

 

ですが、

 

買取店で、

買取額が100円~1000円が多く、

0円でお断りする事も凄く多いです!

 

壊れてないのに、、、、、

なぜ?安いのか?

なぜ買取ってくれない事が多いのか?

 

実は、

 

中古市場に、

潜む奥の深い理由がありました!

 

今回も、

小見出しにして教えていきます(^^♪


スポンサーリンク



1.新品購入して2年以内の物ではないから

 

プリンターは、

凄く入れ替えが激しい物であり

1年経たない内にすぐに新しいモデルのが

出ますよね^^;

 

どのメーカーも、

お正月商戦

春の学生・入れ替え商戦

夏のボーナス商戦

冬のボーナス商戦

などの大きなイベントがある事が、

購買率が高くなる時期として狙い、

緊急性や実用性が高く回転の早い商品を

どんどんセールで売り出します!

 

その中の1つが、

このプリンターになります!

 

なので、

中古市場では、

わざわざ中古品に目を向けるよりも

どうせ商戦時期が多いので、

 

その時に、

セールで安くなるなら

新品を買おうか!

となってしまうのです^^;

 

2.プリンターは安価商品で手に入るものだから!

 

先ほどの小見出し1.からの

続きとして含みますが、

 

プリンターは、

入れ替えが激しく常に新しい物が

出ているような状態です

 

ましては、

価格帯も平均定価は、

5000円~40000円ほどの物です!

 

ですが、

一般の方が

お使いになられるタイプだと

5000円~20000円未満の物が多い

のではないでしょうか(^^♪

 

仮に、

20000円弱の物

買ったとしましょう(^^)/

 

さて、

中古品で1年落ちモデルで

どれぐらいだと思いますでしょうか?

 

 

答えは、

 

こちらは、

発売当時が20000円弱で販売され、

2018年現在の新品定価が15000円ぐらいの

EPSONのEP-880AW/2017年製プリンター

中古品になります!

 

説明欄には、

通電確認のみの動作未確認

書いてありました。

 

ですが、

注目してほしいのが、

1年ぐらいもすると

10000円以上の値落ちをしてしまいます(>_<)

 

でも、

 

動作品なら、

もう少し行くのでは?

と思いますよね(^^♪

 

確かに、

動作品だと、

少しだけ高いですが、

それでもあんまり喜ばしくないですよね^^;

 

基本的に、

一般的な使用で多いこのクラスのタイプは、

毎日使用される物ではないので、

使用回数に伴うジャンクや訳アリには

なりにくく動作未確認でも

まだ動作品として見れたりも出来るので

この値段で売れます!

 

堂々と、

動作品だとしても、

安心しての+2000円ぐらいですので

保証書付きの感覚でしかないので

この開きはなんとも言えません^^;

 

では、

2年落ちモデルになって、

通電確認のみの動作未確認では、

どれぐらいになると思いますでしょうか?

 

 

 

答えは、

 

EPSONの EP-879AW 2016年製プリンター

中古品です!

 

2年落ちモデルになれば、

定価を20000円にして計算してみると

約1割前後に落ちてしまいます(>_<)

 

動作品だと、

先ほどの、

開きの+2000円を切り出してきました(>_<)

 

これは、

安価商品に多い現象であり、

毎年、入れ替わる商品ジャンルになれば

特にこの現象が非常に強くなります(>_<)

 

毎年出る一般的なプリンターが、

5000円~20000円弱の物であり

一般消費者からは高いイメージだが

高くて買えません!っていう訳でも

ないからこそ、、、、、、、、、、

 

新品でも中古品でも、

こだわりを持って狙う商品価格帯では

ないので年数にもよりますが、

安価な物は買取が出来ない事が

あるのです(>_<)

 

まぁ、

先ほどの小見出し1.でも言った様に、

2年以内の物ではないといけない理由が

これにも繋がってきますのでセットで

覚えておきましょう(^^♪

 

3.中古のプリンターはすぐ壊れるから!

 

プリンターは、

皆様もご存知の様に

すぐに壊れますよね^^;

 

使用回数が多くなればなるほど

摩耗劣化して故障しやすくなります!

 

実は、

プリンターは思うほど

丈夫に作られた物ではないので、

壊れて当たり前な商品になります!

 

それを見越してか、

寿命が短い分回転が早くなるので

1年経たない内にすぐに新しいモデルが

出ちゃいます(´・ω・`)

 

この観点から、

中古市場でも求めらる事が少ない上に、

買取店などでもリスクがある分、

2年以内の物でも相場が安いので

買取額も安く買いリスクを低減する

ぐらいまでが限界になるのです!

 

この事から、

丈夫でないプリンターを

中古で安く買ってまでして壊れるよりも

新品で買って少しでも長く使う方が

断然、賢いと言う事になります(^^♪

 

4.中古市場は求めている売れるプリンターではないから!

中古市場で欲しがられるプリンターは、

このようなA3プリンターなどの

大型プリンターになります!

 

ちなみに、

40000円クラスの物で1年落ちでの

動作中古品になります。

 

ですが、

それでも10000円ぐらいか^^;

となりますが、、、、、、、、

 

プリンターの中古品はそんな物です(>_<)

 

でも、

恐ろしいのが、、、、、

通電確認しかしていない物になると、

恐ろしいですよね^^;

 

でも、よく考えると、

壊れているかもしれない商品ジャンルで

これだけ多きかったら送料も高い上に、

損する分が大きいので通電だけでは、

一般的なプリンターに比べると、

値幅が安いのです(>_<)

 

ですが、

中古市場ではA3などの大型プリンターは

よく売れますので年数が古くない内に

売る方がまだ得なので参考にしてください(^^♪

 

5.まとめ。

 

今回は、

プリンターの買取は、

安い事が多い事

出来ない事が多い事

書いていきました(^^♪

 

正直、買取れても、

2年以内まで。

動作品。

基本となります!

 

また、

ヤフオクでも、

2年以内まで。

動作品。

市場の基本もあります。

 

今回、

ご紹介したプリンターは、

あくまでも一般的な5000円~20000円未満の

プリンターでのお話になります。

 

仮に、

それ以上で購入した物になりますと

2年以上でも動作品なら欲しい人は、

まだいると思いますので、

プリンターだからと言って諦める事は

ありませんので安心してください。

 

ですが、

一般的なプリンターレベルは、

ご紹介した内容で収まってしまうので

2年以上経過した物は基本は不用品に

なると思っておいた方がいいでしょう(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!