【モノプラ鑑定部】ロレックスの買取で気になる査定のポイントを現役鑑定士が教えちゃいます(^^♪

 

どうも~(^^♪
MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

ロレックスの買取において

気になる簡単な査定ポイントを

教えちゃいます(^^♪

 

ロレックスでよく出ているタイトル

ROLEX/ロレックス

デイトジャスト

16233

S番

SS×YG

と言うタイトルワード

よく見ると思います(^^♪

 

実は、

 

このワードは査定ポイントを

意味するキーワードのような物で

あって商品がどのような物で

どのタイプの物かと言う意味の上で

隠された査定ポイントの

キーワードなのです(^^♪

 

では、

1から順に説明していきましょう(^^♪

 

・ROLEX/・デイトジャスト

名前の通り!

このタイプのロレックスの

名前になるのですが、

注目してほしいのが

デイトジャストの所です(^^♪

 

デイトジャストとは、

0時になると同時に

日付が切り替わる機能の名前であり、

デイトジャスト機能と言う別名も

あります。

 

このデイトジャスト機能

正常であるかどうかの

確認がいります。

 

切り替わらない。

言う事がありましたら、

ジャンク品となり

価格が下がる要因の一つになります。

 

ですが、

 

それよりも怖いのが、

偽物ではないかと言う疑惑です!

 

よく偽物でデイトジャスト機能が

出来ない場合が多いので基本は、

デイトジャスト機能が出来ない

場合は疑います。

 

ですが!

 

それを打ち砕てくれる箇所が、

 

 

ベルトを外したこの箇所になります!

 

実は、

ロレックスの査定で一番に重要な

ポイントはこの箇所であり、

真贋と査定はココを見て考える!

と言っても過言ではありません!

 

ベルトを外しすと、

12時側の側面に型式番号、

6時側の側面に、

アルファベット+シリアル番号

があります!

 

この型式番号と、

アルファベットが重要なのです!

 

この型式番号アルファベット

ロレックス全体の中古相場を

管理しているポイントに

なっています!

 

今回の画像の場合は、

ROLEX/ロレックス

デイトジャスト

16233

S番

SS×YG

 

と言う物になります!

 

16233が型番であり、

S番がアルファベットです。

 

通称、この画像の場合は、

ロレックスS番の16233の

デイトジャストコンビと言う

言い方になります。

 

このS番16233

どのロレックスでも

必要になってくる箇所であり、

これが無ければ確実に偽物です!

 

偽物の中でも、最近の物は

番号がしっかり打たれています。

 

その場合は、

打たれている番号をネット検索で

打つことによりわかります。

 

特に、

Yahoo!画像検索

ヤフオクその番号を打つことで

同じものがで出来たら本物であると

言えます!

 

無かった場合は、

偽物である可能性が高いです!

 

と言う事で、

 

買取店は、

査定をする際は、真贋を兼ねた上で、

先ほどの箇所を確認して真贋して

査定をします(^^♪

 

真贋方法は、

他にもありますが特に一番に

確証ある真贋は査定を兼ねた

この箇所になります(^^♪


スポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!