【モノプラ鑑定部】洗濯機の買取で買取れるポイントは製造から3年~5年以内と色にある事を現役鑑定士が教えます!

どうも~(^^♪
MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

 

買取りが可能な洗濯機が

製造から3年~5年以内

である上に、

色も関わってくる理由を

教えていきます(^^♪

 

 

皆さんは、

引っ越し転勤などの理由で

洗濯機が不要になり、

ネットで、洗濯機の買取で

検索して業者を探す方は

多いと思います(^^♪

 

ですが、

中々、断られる事が

多いのではないでしょうか?

 

その理由も、

3年~5年以上経過している

からではないでしょうか?

 

ちなみに、

洗濯機の買取で、

見ないといけないポイントは、

製造年

使用環境

と言ったところを見ます!

 

では、

各それぞれに秘められた

理由を小見出しにして

説明していきましょう(^^♪

 

1.製造年を見る理由。

 

製造年数から現代まで、

何年経過した物かどうかの

判断をする為であり、

 

答えを言えば、

 

売れる年数が、

製造から3年~5年以内であれば、

買取が出来ると言う事です!

 

この年数辺りは、

次に買う人が気持ちよく使える。

次の人が3年以上の使用が出来る。

と言った理由があります。

 

5年以上経過した物は、

売れる事が無く、

破棄処分になります。

 

破棄処分の場合は、

家電リサイクル法に基づき

所有者で責任を持って処分しないと

いけません。

 

この製造年は、

処分か売れるかの瀬戸際に

なるポイントになる為に、

凄く重要な所なのです!

 

ちなみに、

コレと同様に見ないといけないのが、

メーカーです!

 

国内メーカー

海外メーカー

国内三流メーカー

 

と言ったランクがある様に、

このメーカーで買取れるかどうかの

判断が大きく変わってきます。

 

製造年数から3年~5年以内の物で

国内メーカーなら買取が可能!

 

製造年数から3年以内の物で

海外メーカーなら買取が可能!

(4年.5年以内は人気による。)

 

製造年数から3年以内の物で

国内三流メーカーなら買取が可能!

(4年.5年以内は人気による。)

 

平均的なボーダーになり、

買取店が査定を行う際の

基準にしています!

 

ですので、

 

まずは、

製造年数を確認してから、

次にメーカーを確認して

見ましょう(^^♪

 

2.使用環境を調べる理由。

 

どの商品でも、

外観の状態を見ます!

 

特に、洗濯機は、

室内使用

室外使用

と2カ所のどちらかで使用される方に

なるので、同じ年数の製品でも、

外観で金額が大きく変わってくる

ことがあります。

 

もちろん!

 

室内使用だと綺麗な事が多いので

買取やすく金額も屋外使用より

高いです!

 

出来るだけ屋内使用で、

洗濯機を使用される方が

買取の依頼を出来ると

思ってもいいでしょう。

 

ちなみに、

 

綺麗な洗濯機でどんな物か?

 

屋内使用でも汚れるよね?

 

と思われる方がいると

思いますので、、、、

 

簡単に説明すると、、、

 

拭いたら綺麗になるレベルなら

綺麗な洗濯機と言えます(^^♪

 

 

ですので、

屋内使用の方は

一度綺麗に拭いてみて

見るのもイイでしょう(^^)/

 

3.色を気にする理由。

 

この色でわかる事は、

使用されていた方の性別です!

 

女性の方の1人暮らしで

洗濯される衣類は、

男性に比べて綺麗な事が断然に

多いので女性が使っていたなと

思う色の洗濯機なら、

次に買う人も多く、

買取店も買取りたいと思います。

 

一見、

変態な見方もありますが、

凄く重要であり、

女性が使っていた物なら、

次に買う人も気持ち的に

安心が出来る上に女性のお客様に

売りやすくなるのです!

 

 

また、

機種によっては、

相場が少し上がったりする事も

あるので、出来るだけ女性が

好きな色を好んで買うのが

イイかもしれませんが、

男性と女性だと使い方で

洗濯機の外観を見れば

大体わかるので意味はない

かもしれませんが綺麗に使いなさい!

と言う事ですね^^;

 

4.まとめ。

 

今回、

ご紹介した洗濯機ですが、

3年~5年以内

屋内使用

拭いたら綺麗になるかどうか?

女性が好きな色か?

の項目が洗濯機の買取に際に

必要なポイントになりますので

ぜひ、参考にチェックしてみてください!


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!