【モノプラ鑑定部】どうして?不要になった洗濯機や冷蔵庫やエアコンは買取が難しいのかと疑問に思う方に現役鑑定士が簡単に教えます!


どうも~(^^♪
MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

皆様は、ご家庭で不要になった

冷蔵庫

洗濯機

エアコン

とかの大型家電の処分

凄く困ってしまう事って

ありますよね(>_<)

 

実際に買取店リサイクル店

持ち込むが中々、相手にしてくれず

困っている事があると思います

 

確かに、

買取店リサイクル店

ゴミ屋さんではないから

売れない物や面倒な物なんか

引き取りたくもないですよね^^;

 

僕自身も、

メール査定お客様の電話

TwitterのDMでの質問でも

よくある質問で、処分の仕方や、

買取が出来ない理由など

聞かれたりするので、

この機会にご説明しちゃおうかと

思い記事にしちゃいました(^^♪

 

この記事を見たら、

今後の大型家電に対する選び型も

変わると思いますのでぜひ参考に

して見てください(^^♪


ポンサードリンク



1.買取が出来るのは製造から3年~7年以内の物しか無理!

 

全部の物が買取が

出来ないわけではありません!

 

実は、

相場の関係が一番の理由にあります。

 

冷蔵庫は、3年~7年以内。

エアコンは、3年~5年以内。

洗濯機は、3年~5年以内。

と言った様に、

相場的に確実に売れる見込みがある

のがこの年数にあります。

 

物によっては経過しても売れる物も

ありますが、やはり1000円で

売れるかどうかの所なので

手間や在庫コストを考えると

断る所も出てきます。

 

特に、

ネットオークションとかでも

送料が必然と高くなるので、

入札も激しくならず人気商品とは

言いにくいでしょう(>_<)

 

まして、

3年以内であっても

5年以内であっても

状態が悪かったら

断られる場合もあります。

 

この3つの商品は、

次に買う側も状態に凄くシビアに

なる商品ジャンルになる為に、

洗濯機の屋外使用で3年以内で

あっても難しい場合もあるので、

洗濯機の保管場所は確実に、

屋内使用にしとかないと

行けないでしょう( ;∀;)

 

冷蔵庫に関しては、

近年、ノンフロンの物がありますが

売れる冷蔵庫でノンフロンは、

売れにくい条件でもあるので、

意外にも3年以内の物でも

断るケースがあると思います。

 

ちなみに、

 

1人暮らしサイズの冷蔵庫は、

平均的に大体5年以内で処分を

される方が多い傾向の中で、

引き取りに行ける大きさなので、

ネットオークションでも

値段が安くても入札をする人が

多いので買うならこのタイプ

オススメなのですが、、、、、

 

冷蔵庫の匂いがキツかったら

意外にも苦情になるので、

喚起する必要があります。

 

後は、

家族向けの大きなタイプの

冷蔵庫は、やはり5年以内で

見とく方がイイです!

 

なぜなら、

売るにも買うにも手間がある中で、

値段も3年以内と5年以内のとでは

全く開きも変わってきます。

 

どうせ、送料も高くつく物で

3年以内の物なら高く買っても

大丈夫だろうと思う所が

そうしているので、

家族用は5年以内で見とくべきです。

 

エアコンは、

取り外しも取り付けも業者に

頼まないといけないので、

凄く手間な商品です。

 

素人がすると、

感電死に繋がる場合も

あるのでおススメはしませんし

正しく出来る確率も少ないので、

凄く手間な商品です(>_<)

 

ですが、

取り外せて、3年以内であっても

そんなに高くありません。

 

次に買う人も、

取り付け費を見越して

安く買いたい気持ちが

ある人ばかりなので、

相場的に安くなる傾向にあります。

 

なので、

エアコンは壊れるまで

使う事がオススメです!

 

まして、

エアコンは処分にお金が

かかりにくいです。

 

その答えを、

次の小見出し2.で詳しく教えます!

 

2.店側も基本的にサービスで処分はしたいが出来ない!

 

買取が出来なくても、

タダでイイから引き取って欲しい

思う所はお客様ならあるはずです。

 

実は、

 

店側もそうしてあげられるなら、

そうしたいのです。

 

ですが!

 

出来ないのです(>_<)

 

業者が無料で引き取り、

一般に処分をする行為は

不正競争防止法違反に

問われる場合があるのです。

 

1回2回ではどうもないですが、

繰り返し行い、経費での計上を

行っていくと問われる事が

ある恐れもあるので、

出来ないのです。

 

ましては、

業者は一般廃棄が出来ない上に

出来る所があってもお金を

支払う事になるので、

しないのです。

 

特に、

昔は、冷蔵庫も洗濯機も

タダで処分出来ていた時が

ありました。

 

業者も、

タダで引き取り雑品として

海外貿易をしていました

今では、雑品もマイナス30円と

言う価格になってしまい、

冷蔵庫も洗濯機も雑品として

扱う事もなくなり、

貿易屋もお金を取るか、

断る様になってきました。

 

これも、

日本の法律が原因です!

 

ちなみに、

 

お店側に多めのお金を渡して

処分をしてもらう方法をしても、

ダメです(>_<)

 

基本的に、

国からの産業廃棄物の許可を

貰わないと勝手に処分は出来ません。

 

もし、

許可のないまま代行ですると

産業廃棄物法違反になるので、

お店側も出来ません。

 

許可を取るにも、

売る覚えですが、

広大な敷地の所有が条件に

設備もしっかりしないと

許可がもらえなかったはずです。

 

そこまでしてお店もしないですよね。

 

だから、

タダでも出来ないのが

現実なのです(>_<)

 

仮に、やりますよ!

と受けてくれても、そのお店が

山に遺棄した場合はお店が

捨てた証拠がない限り、

所有者の特定をされれば

元の所有者が疑われる場合があるので

安易にタダ引き取りを交渉するのが

ダメ元でも怖いですよね(>_<)

 

ですが!

 

エアコンは違います!

 

エアコンは銅の含有量が

高い製品である為に、

貿易でもエアコン銅価格があります。

エアコン本体

室外機

配線

から全部一式が銅で、

一台2000円とかで売れるので

お店も喜んで引き取りに走るのです!

 

なので、

無料引き取りを行う場合は、

エアコンだけにしましょう(^^)/

 

3.最適な処分はリサイクル券を買って処分する方がイイ!

 

皆様の中でご存知の方が

いられるかもしれません

各自治体最寄りの電気屋さん

購入が出来るリサイクル券で

処分をすると言う事です。

 

これは、

リサイクル券を

購入し粗大ごみの日に

それを貼って捨てると

ゴミ回収業者が持って帰ってくれる

と言う事なのです。

 

よく耳にする

リサイクル料金とは

このリサイクル券の値段の事です!

 

処分をしたい大型粗大ゴミ

冷蔵庫洗濯機ブラウン管テレビ

場合はリサイクル料金の価格が

条例か法律かのどちらかで

決まっています。

 

この料金さえ払えれば、

そのゴミは処分が出来るので

まずは、今お住いの各自治体が

リサイクル券を販売しているかを

調べる必要があります。

 

販売がなかった場合は、

最寄りの電気屋さんに

問い合わせをしましょう。

 

どの道、

手間で仕方ありませんが、

これが一番、何も後腐れない

方法なのでぜひ検討しましょう!

 

4.自らで処分が難しい場合は、有料回収を検討するのもあり!

 

最近の企業も、

処分に困っている人向け

作り出されたのが、

有料回収サービスです!

 

言葉通りの意味で、

処分費手間賃払えば

代行で不用品を回収してくれる。

と言った物ですが、、、、、、

 

ここで、

小見出し2.を読んでいた人は

疑問に思ったかもしれません。

 

国の許可がなければ、

処分が出来ないのではなかったのか?

 

 

確かに、

不要な粗材ゴミ家電の処分

買取店がする事は許可が必要ですが、

 

許可を持っている産業廃棄物業者に

買取店が依頼をして処分をする事は、

問題がなく、店側もこの方法が

可能ならしてくれます。

 

ただ、

もちろんお金がかかります!

 

消費者が、

お店側に産業廃棄物業者に代わり、

回収をする形になります!

 

つまり!

 

消費者産業廃棄物業者との

入って処分を提案する中間処理の

業務を行う言う事です!

 

これが、

有料回収の答えになります。

 

 

ですが!

 

これがちゃんと行えるお店は、

意外にも少ないです。

 

なぜなら、

リスクがあるからです。

 

 

そのリスクとは、

一般的に許可を持たないお店は、

産業廃棄物業者に通さず一般処分を

したりすることが法律違反に

当たる為に産業廃棄物業者との

提携契約が必要です!

 

その提携契約がされているお店には、

必ず、大きなバッカンが

置いてあります。

 

置いてあるお店は、

産業廃棄物業者との提携契約が

出来ている証拠なのです。

 

このバッカンは、

一般ゴミでは処分が出来ない物

中に入れて貯めて貯まれば

業者に電話をして取りに

来てもらい回収費をその場で

 

支払いをするシステムになるのですが

場所が取る上に大きなゴミ箱の

イメージがついているので、

お店の外観が損なわれます。

 

なので、

 

有料回収を行っているお店が

少ないのです。

 

ですが、

 

田舎のリサイクル店

出張型リサイクル店

 

とかで、オプションで

やっているお店が最近多いです!

 

くらしのマーケットと言うサイト

でも専門でされているお店とかも

よく見かけてたりもするので

チェックしてみましょう(^^♪

 

5.気になる料金体形は?

 

中間に携わる上でのかかる経費は、

シンプルでわかりやすく

処分費

人件費

ガソリン代

と言った経費だけを徴収が出来れば

基本的には安く見積もれます。

 

後は、

かかる時間と物の大きさによります。

 

なので、

最低料金は、

平均的に2万円ぐらいでから6万ぐらいまで

だと思います!

 

ですので、

一度お店に聞いてみるのもありですね(^^♪

 

6.まとめ。

 

今回、

この記事を書いたのには、

理由がありました。

 

無許可業者による不法投棄や

安易に無茶に処分をしようとする

消費者の方がまだまだ絶えない

からです。

 

特に消費者の方に

分かって欲しいのが、

 

自分が気に入って買った物が

何らかの理由で不要になって

処分がしたいとなった時に、

無料やタダや格安、激安の

所を探して捨てようとする事は

非常に無茶な考え方です。

 

世の中には、

新しい製品を買えば、

下取りをしてくれるサービス

リサイクル券

クリーンセンター

と言った方法があります。

 

そこには、もちろん!

手間や料金がかかります。

 

それがイヤ!思う方は、

大人としての責任に

無責任な人である!

と言う事です。

 

自分の意志で買った物の

処分もまともに責任が

持てないのなら、

買わなければいいのです!

 

必要と思って買ったのだから

最後まで綺麗な責任の

持ち方をするのが本当のリサイクル

だと僕は思います。

 

このような事を踏まえて

理解して今後は大きな買い物に

励んでもらえればと思います(^^♪


ポンサードリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!