【モノプラ鑑定部】買取も出来る上に売れる戦隊物のおもちゃの条件を現役鑑定士教えます(^^♪

どうも~(^^♪

MONO+PLANET鑑定部です(^^♪

 

本日は、

 

忍者戦隊カクレンジャーです(^^♪

平成生まれなら誰もが知る

懐かしのヒーローです(^^♪

 

ちなみに、

 

忍者ブラック児雷也を演じたのは、

ケイン・コスギさんでしたΣ(゚Д゚)

現在は、忍者から不動産屋さんに

転職されていますね(笑)

 

他にも、

忍者ブルー才蔵の土田 大さんは

声優として龍が如くのホスト:ユウヤ

を担当していましたし、忍者レッドの

佐助を演じた小川輝晃さんは声優学校

講師をしてるなど現在も活躍を

されています(^^♪

 

って話してしまえば

長くなってしまうので

ここまでにします^^;

 

実は、

 

本日の記事を担当しています

私は、戦隊オタクでこの記事が

書ける日が楽しみでした(^^♪

 

よく買取の現場で、

お客様から、

昔のおもちゃは売れるの?

と質問を受ける事があります!

 

僕は、

鉄人28号やマジンガーZだなと

思って「はい!」と答えますが

お客様の言った昔のおもちゃが

僕らが子どもの時に見ていた

戦隊物のおもちゃでした^^;

 

もう、昔なんだと思ってしまい

年を感じた瞬間でした^^;

 

確かに、

鉄人28号やマジンガーZは売れると

言う事は誰もが知っている話ですが、

 

実は、

 

売れるおもちゃには、

ある条件が生じれば

売れるかどうかのラインがあります!

 

今回は、

その条件を

ご紹介していきたいと思います(^^♪


スポンサーリンク



1.放送終了から20年~30年経過したおもちゃ!

 

買取現場で、

最初の査定で意識してるのが

この条件になります!

 

なぜなら、

世の中には戦隊物マニアが

いるからおもちゃが売れます!

 

ですが、

そのマニアがどうやって

出来るのかが凄く重要な

ポイントなのです!

 

そのポイントが、

放送当時に子どもで見ていた

リアルタイム世代が大人になって

生きがいにお金を使い出す年代

なっているかどうかなのです!

 

その年代が、

放送終了から20年~30年

言われています!

 

放送終了から20年~30年経過世代は、

昔からある現象で昔のおもちゃの

中古市場相場を作り出しているのが

この経過世代になっています!

 

また!

 

趣味としての投資品としての地位に

なっているので相場もちゃんと

しっかりあります!

 

ですが、

 

昔から続く今でもある

キャラクターは一部のマニアで

しかなく、この部類とは

また違います(>_<)

 

戦隊物は、

放送当時で年代がハッキリし、

その世代で形成されます!

 

今ではない当時物だからこそ

手に入らなかったあの悔しさを

大人になって解消し出す事で

当時物としてのプレミアが付きだして

売れる物となっているのです(^^♪

 

2.超合金のロボットは、1番人気!

 

戦隊物と言えば、

敵が最後に巨大化しますね(^^♪

 

その時に、

戦うのがロボットですね(^^♪

 

実は、

武器よりもロボットの方が

断然人気です(^^♪

 

理由は、

武器は大人になって身につけて

楽しむことが出来ないからです^^;

 

当時の物は、

子ども向けですので

子どもサイズしかなく

子どもの時はカッコよく見えた

あの武器も大人になるとやはり

クオリティーの問題に直面して

やっぱり子供向けだなと思う所を

感じてしまう事があるので、

武器関係は人気が薄いのです(>_<)

 

ですが、

 

ロボットは、違います!

 

なぜなら、

 

超合金マニアがいるからです!

 

超合金とは、

株式会社ポピー(現: バンダイ)が

おもちゃのロボットブランドとして

1974年に出し始め現在に至るまで、

数々の戦隊ロボットを製作する

ブランド名の様な物です!

これも歴代の戦隊シリーズがある様に

それと従事して超合金もシリーズ化

していたので歴代戦隊ロボットと

言うよりかは歴代超合金シリーズと

言うのが正しい答えになります(^^♪

 

実は、

 

戦隊マニアは、

この超合金マニアと言うのが

本当の答えであり、戦隊オタクと

言われる分類とは違います!

 

戦隊オタクは、

放送当時のDVDやネット動画を見て

楽しむのが目的ですが超合金マニアは

コレクトする事が最大の目的ですので

同じ戦隊物にも2種類あるのです!

 

今回、

この記事において売れるおもちゃの

条件と言うのがこの超合金マニアの

存在が1つとなります!

 

つまり、

 

放送終了から20年~30年経過した

超合金ロボットが売れるおもちゃの

条件であり放送終了から20年~30年

経過世代の超合金マニアの存在が

この中古市場相場を作っていると

言う事が今回の答えになります(^^♪

 

3.超合金ロボットは一体いくらで売れるのか?

 

今回は、

20代後半世代と30代前半世代が

子どもの頃に放送していた時の

戦隊物をご紹介しましょう!

 

まずは、

20代後半世代は、

忍者戦隊カクレンジャーです(^^♪

カクレンジャーのロボットと言えば

無敵将軍!

商品名:忍者合体DX無敵将軍!

 

2018年現在の売れ値は、

8250円となっております(^^♪

※未開封品の価格です!

 

30代前半世代は、

恐竜戦隊ジュウレンジャーです(^^♪

ジュウレンジャーのロボットと

言えば、大獣神!

商品名:超合金塊 大獣神

2018年現在の売れ値は、

 

38000円になっております(^^♪

※未開封品での価格です!

 

※これは、ヤフオクの相場になります。

 

やはり少し古いジュウレンジャーの

価格が高いですね(^^♪

 

これは、

古ければ古いほどイイ!と

言う事になるのですが、

正式な理由として不正解です!

 

正式な答えとしては、

放送終了から20年~30年経過世代の

超合金マニアが中古市場相場を

作っていると言う事ですので、

その世代が出せる金額の平均帯が

関係していると言う事が

正式な答えになります!

 

もちろん!

 

未開封でなくても、各状態を考慮した

相場もありますのでどんな状態でも

売れますのでご安心ください(^^♪

 

ちなみに、

 

これが50代60代辺りは

どうなるのか?

 

そこで!

 

絶対高くなりそうな

 

未開封のダイナマンの

超合金ダイナロボの相場を

公開します(^^♪

 

2018年

現在の売れ値は、、、、、

 

 

 

 

奥様に内緒にしないと

いけない値段ですね(^^♪

 

離婚になる可能性がある値段かも

しれません^^;

 

まぁ、あくまでも高くなる

条件の物を厳選して紹介した

だけで状態によって相場も

ありますので超合金マニアの

ご主人様を持つ奥様は

あまり気にしないでください^^;

 

でも、

30万近くも出せるなんてさすが、

大人の男性はやっぱり違いますね^^;

 

4.売るならヤフオクがオススメ!

 

買取店に売っても、

大丈夫ですが基本的に買取額は

安いです!

 

なぜなら、

買取店もあまり力を入れて

いないからです!

 

未開封なら、

力を入れてくれますが、

状態が分かれる物に関しては

商品の価値をわかって持ってこれる

お客様ばかりだからこそ、

金額を提示しても買えない事が

多いので相手にしてくれない事が

あります。

 

ですので、

未開封以外で買取店に頼る事は

あまりオススメできません^^;

 

なので、

 

ヤフオクで画像判断が出来る

撮影をして現状品で出品をして

マニアに査定をしてもらうように

売るのがベストです(^^♪

 

一般の方は相場を調べられない分、

未開封以外はヤフオクで売る!

と言うラインで決めていた方が

イイでしょう(^^)/

 

5.まとめ。

 

今回は、

売れる戦隊物のおもちぇの条件を

教えていきました(^^♪

 

意外な裏事情と発見があった

内容になったと思います(^^♪

 

こういった関連記事で過去に

おジャ魔女どれみの事を書いた事が

ありました(^^♪

 

これも、

今回の記事と少し似た所があり

今も売れ続ける商品となっています!

 

ですので、

単なる子どものおもちゃでも

子どもが大人になれば本当に

わからない夢の証券物だと

思って今あるおもちゃを

見てみるのもありでは

ないでしょうか(^^♪


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!