【モノプラ鑑定部】不要になった洋服の買取店で重さで買うお店と一着ずつ査定するお店の違いを現役鑑定士が説明します(^^♪

どうも~(^^

MONO+PLANET鑑定部です(^^

 

本日は、

 

洋服の買取で重さで買うお店。

一着ずつ査定するお店。

 

と言ったシステムがある

お店の違いとは何か?

いう方が多いと思います(^^

 

今回は、

 

洋服の処分は買取店に持ち込む方で、

この違いを知っていれば、

どこに持って行こうかとわかるので、

ぜひ参考にしてください(^^

 

1.重さで買うお店は、貿易商品として買う!

 

基本的に、

重さで計って査定するお店が

多いと思います!

 

これは、

海外に輸出する為の商品であり、

輸出業者が決めている1㎏に対しての

値段に基づいて、買取店も合わせて、

服の買取をしています!

 

中には、

単品でも売れる物があるので、

売れる物は店頭販売ネット

売っています!

 

服は流行の象徴です!

 

流行に恥じない物は

安くても売れるので、

買取店も見逃しません。

 

なので、

 

重さで買った洋服の中で

単品で売れそうなら、

選別して売ります。

 

では、

どういった物が重さとして

得なのかと言うと、、、、、、、

 

一言で言えば流行に恥じる服です!

 

特に、

昔の服です!

 

昭和時代の服お年寄りの方が

着ていそうな服代表例になります!

 

注目をして欲しいのが、

昭和時代の服です!

 

今と違い、一着の重さが

全然違いますよね(^^

 

こういった重さが稼げる服は

同じ袋に入れても、

全く重さも変わって来るので、

重さに影響してきます!

 

ですので、

昔の服が大量にある方は

重さで行きましょう!

 

中には、

これは廃棄処分と言って、

断るお店もあるので

気をつけましょう!

 

大半は行けますが、

見るのがめんどくさがる店員も

いますので、お店選びは慎重に(^^

 

2.一着査定をするお店は、ネットやお店で売る!

 

一着査定をするお店は、

単品で売れる物をメインに

やっています!

 

もちろん!

 

買取金も重さに比べて高いです!

 

ですが、

 

流行に恥じらう物は、

断る事などがあるので

シビアにならないといけません。

 

ましては、

状態が悪い物なんかは

話になりません(>_<)

 

ですので、

 

流行に恥じない服がある場合は

一着査定がオススメです!

 

3.売れる服の特徴!

 

小見出し2.でも触れていましたが、

 

流行に恥じない物は、

単品でも売れますが、

他にもあります!

 

それが、

エルメス

シャネル

ヴィトン

モンクレール

などのハイブランドが

出している洋服です!

 

特に、こういった場合は、

洋服買取店よりも、

自らネットや鑑定士在中の

買取店で売る方がイイです!

 

洋服買取店は比較的に

真贋が出来ない方が多いので

躊躇して値段を出さない方がいます。

 

ですので、

こういったハイブランドは

専門の方に任せるのが一番です!

 

他にも、

特殊な服です!

 

代表例が、

バイクスーツ

ウェア

などの専門服です!

 

趣味で必要な服は、

マニアがたくさんいますので、

こちらも、洋服買取店より、

専門のショップで売るか

自らネットで売るのが

イイでしょう(^^)/

 

4.まとめ。

 

今回は、

 

洋服を重さで買うお店。

一着査定をするお店。

違いをご紹介しました(^^

 

最近は、

どちらも併用してやっているお店も

あって便利になっています!

 

ですが、

 

僕は、

あえて分ける必要があると思います!

 

なぜなら、

査定の適当さが出てくる可能性が

あるからです!

 

最初から、

重さで言っているお店は

重さしか見てないので、

お客様もこだわる必要がなく、

袋に入れて持って行きやすく

なるので非常にイイです!

 

また、

一着査定をするお店は、

流行に恥じない物なら、

ちゃんと査定してくれるので

お客様さえ選別をしていれば、

問題のない査定で安心が出来ます!

 

それに、

ハイブランド。

特殊で趣味で必要な専門服。

専門ショップ鑑定士在中

お店で売るか自らネットで

売るかなどの事をすれば問題なく

納得がいくので、あえてお店の

スタイルで選別をするのが

イイと言えるのです!

 

なので、

ぜひ、この記事を参考に

まずはお店の選別をしてから

その服をどこに持って行こうかと

決めて見てください(^^


スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!